iPhoneカメラ撮影時の握り方

iPhoneの内蔵カメラでの撮影だが、全面タッチパネル液晶画面のiPhoneなので、シャッターボタンも画面の下端の方に表示されるボタンの絵をタッチして行なう。両手を使う場合はそれほど不便というわけではないが、場合によってはどうしても片手で撮影する場合もある。片手で持ってシャッターボタンをタッチするには、普通にやろうとすると、本体の下の端の方だけを持って、その上で親指を浮かせてボタンにタッチしないといけない。そうすると、本体の保持が非常に不安定になって、シャッターを押すために親指を動かすことによって、本体が動いてしまい、手ブレの原因となりやすい。

そこで、考えたのがこの方法だ。iPhoneを上下逆に持つ。こうすると、手の全体を使って握れて、親指を浮かした状態でも、親指の付け根の腹の部分で本体を押さえていられるので、手ブレしにくくなる。自分の指で画面を少し隠してしまうことになるが、これは我慢する。写真が上下逆に撮れてしまうかと思うが、加速度センサによって縦横判断を自動で行なう機能で、逆さまになったものも自動的に正しい向きで表示してくれるので、実は全く問題ない。

しいて欠点を言えば、先の指が画面を少し隠すことと、カメラが本体の下の端に来るので、視点位置が少し低いところから見た絵になってしまいがちなところだろうか。あと、右手で握る場合にしか使えない。左手で握るとカメラ部分を完全に隠してしまうからだ。

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。