rotringのマルチペン生産終了

文房具ネタ続きだが、メモ帳のことを調べていてふと目に止まったのが、ロットリング社のマルチペンの生産終了の件である。実は、ロットリングの4in1ハイライトというマルチペンが、今の私の愛用のペンだからだ。

基本的に仕事するときはペンを身につけている。スーツの上着を着ているときは上着の内ポケットに、上着を着ていないときは、ワイシャツの胸ポケットに差している。場合によってボールペンもシャープペンシルも欲しいところだが、何本もポケットに差すのは邪魔だし、格好悪い。就職して最初の頃は、ゼブラのシャーボを愛用していたが、いつの頃からか使わなくなって、間に合わせに何かの景品でもらったパーカーの割と安いボールペンになっていた。

たまたまあるときJR東日本の新幹線に乗ってその車内誌の通販カタログを眺めていて目に留まったのが、ロットリングのマルチペンのシリーズのうち、エグゼクティブ・データだったように思う。本体をひねるでもなく、スライドが複数ついているでもなく、どちらを上に向けてボタンを押したかでどの芯が出るかが選ばれる方式は、ずいぶん昔に見たことはあったが、そのときには改めて目新しく思え、また芯のひとつがタッチパネル用のスタイラスになるというのも驚いた。

そこから色々調べて、結局買ったのはそのカタログに載っていたのではなく、よりシンプルなデザインの4in1で、タッチパネルを使ったPDAを使うわけでもなかったので、スタイラスのついた「データ」ではなく、代わりに蛍光インクボールペンのついた「ハイライト」の方にした。メーカーもロットリング以外からも色々出ていたのだが、これは最初に目にしたロットリングのものが構造的にもよさそうだったし (クリップを持ち上げて芯がへこむところとか)、製図用品で有名なロットリングのシンボルの赤い輪のデザインが、いかにも技術職ぽくていいと思ったからでもある。

もう4年半ほど使っていて、ボティには細かい凹みで覆われ、カドの部分は色がハゲてきているので、そろそろ新しいのにでもするかなと思わないでもなかったところに、この情報である。いや、知らない間にもう生産終了になってらか既に結構経っているのかもしれないけど。

更に情報を探してみると、これは、製図用品に集中してこのような一般向けの製品からは撤退するというロットリング社の方針のようで、色々な種類が出ていたもの全部なくなってしまっている。ところが、ロットリングの基本的な設計を引き継いだ製品がパーカーから出ている。表面的なデザインの違いや、クリップの部分がおなじみの矢のデザインに変更されていたりするが、確かに元はロットリングのものに見える。のだが、代わりにこれを買うかというと、んー、微妙なところだ。

広告
  1. #1 投稿者: Unknown (2009年4月20日 - 13:44)

    こんにちは,ロットリング壊れませんか,私は,同じものが1ヶ月でロックしなくなり返品交換しましたが,1ヶ月もしないころノックするところがぐらぐらになってしまいました。また,シャープペンシルを使って戻すわけですが,2回に1回は,芯が折れます。パーカーの同じようなマルチペンは前からあったようです。ロットリングのマルチは日本製という話だから同じ会社が作っているんだろうなと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。