iPhone着信画面の妙な仕様

何を今更的な話題なのだが、iPhoneの着信時に表示される顔写真について。着信時に限らず、発信時や通話中も同じことなのだが。

「連絡先」に電話番号と一緒にに顔写真が登録してあると、その番号からの着信時に画面に名前だけでなく、その顔写真画像が表示されるのだが、上に添付してあるように、表示のされ方に画面いっぱいに表示されるのと、右上隅に小さく表示されるのと、2通りある。3つ目の画面は画像が登録されていない場合だ。着信時に顔写真が表示されるのは誰からかかってきたかわかりやすくていいのだが、画面に顔写真がめいっぱいに表示されるのは、突然画面に顔がドアップに表示されてびっくりだし、ハタ目にもなんとなく恥ずかしいし、またその顔の表示されたiPhoneを通話するために自分の顔に近づけるというのも何か妙な感じだ。

思い返すと、iPhone 3G を購入してまだ間もない頃に、説明書や広告では小さな画像の表示されてる画面を見るのに、自分のiPhoneに顔写真を登録してみると、画面いっぱいに表示されてしまい、その違いを不思議に思ってAppleサポートコミュニティで、「着信時の画面」と題して質問をしている。その結果わかったことは、どうやら、iPhone上で画像を登録すると、画面いっぱいに表示され、パソコン側やクラウド上で登録したものをiPhoneに同期させると、小さな画像になるということだった。Macの場合は環境が整っているようなのでいいのだが、Windowsの場合は、当時私はWindows xpを使っていて、Outlookは使っていなかったので、Windows xpについてくるアクセサリの中の「アドレス帳」というものに同期させるしかなかったが、ここでは画像の登録・修正はできないので、結局自分で小さな画像を表示させるようにはできなかった。Outlookを購入するか、Mobile.MeとかGoogleのクラウドサービスを使えばできたのだろうが。

やがて時は流れて、iPhone 4 に買い換えたのとさほど変わらない頃にパソコンもWindows 7に替えたのだが、Windows 7に付属の「アドレス帳」では、顔写真の登録ができる。そこで、そうやって登録してみると、確かに顔写真が小さく表示される方の様式で表示された。しかし、元がそうやって登録したとしても、iPhone上で一度編集画面で顔写真を選択しなおしてしまったりすると、大きな画像で表示されるようになってしまう。

まあ、どういう場合にどうなるかはわかったのだが、謎なのは、一体どういう理由でこのように登録方法の違いによって表示方法が異なるなんていう仕様になっているのかとうことである。その点については、全く理解に苦しむ。そして、この謎な仕様は、3年前からずっとそのままのようだ。

  1. 今年の当blogアクセスランキング « 世事不可强求
  2. 2013年の当blogアクセスランキング | 世事不可强求
  3. iPhoneの着信画面の相手の写真表示について | ケンシロウ爺
  4. 2015年の当blogアクセスランキング | 世事不可强求
  5. 2016年の当blogアクセスランキング | 世事不可强求

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。