小笠原 (その3) ― 航海

やがて銅鑼の音が鳴り響いて25時間半の航海に出航。ひとことで言うと、十分快適な旅だった。事前の情報ではかなりつらい旅のような話も多かったが、今回は海がずっと非常におだやかだったこともあって、船はほとんど揺れなかったし、気分が悪くなることもなかった。退屈で仕方なかったかというと、全然そんなこともなかった。出港後東京湾内はあまり速度も出さないので東京湾を出るまで結構時間がかかるが、その間デッキに出て東京湾岸の景色を普段は見ない方向から眺めているだけで全く飽きなかった。天気もよくて、富士山までよく見えた。ビデオをたくさん撮って3本持っていったバッテリの2本分を航海中に使ってしまって、充電しないと到着してからすぐのダイビングに使う分が危うくなってしまうほどだった。

伊豆大島あたりまでは携帯の電波も届いているので、ずっとネットもできた。その後はネットもできなくなるし、見える陸地も伊豆諸島の遠くの島影だけになるのでちょっとさみしくなってくる。ちょうど八丈島付近で日没となった。iPhoneの方はネットがつながらなくなると使わなくなるので、そこまでなくなったバッテリを充電するために持ってきた外部バッテリから充電したが、それ一度だけで大丈夫だった。iPhoneを充電して減った外部バッテリも充電しようと思ったら、持ってくるケーブルを間違えていて充電できなかったが、帰途の分まで含めて、充電しなくても足りたので問題なかった。

それから、夕食にして、その後やっと時間つぶしの必要がでてきて持参した本を読むといった感じだった。自分の場所でも背中がもたれられるので悪くはないが、やはり床がマットがあっても固いし、船内をうろうろして、ロビーのソファだとか、廊下の脇のソファになっているところとか、少しずつ場所を移動しながら時間をつぶしていた。

そんな夜の時間もあまり長く続かず、自分の普段の生活ではあり得ない午後10時に船室が消灯されて就寝の時間となる。すなおに毛布をかぶって寝ようとしてみると、前夜遅くまで荷物の準備をしたりしていて全然寝ていなかったこともあり、あっさり眠りについて、翌朝午前6時に明かりが付いたのに驚いて目が覚めるまで、途中で目が覚めたりもしなかった。

朝起きてから到着まではまだしばらく時間があるが、二度寝したり、朝食を食べたり、また本を読んで少し時間をつぶしたりしているうちに、やがて小笠原諸島の北の方の島々、聟島列島に接近のアナウンスがあったので、またビデオを持ってデッキに。そして、聟島列島を後にすると、やがて父島列島の姿が見えてくる。

荷物を全部まとめて、いつでも降りられるようにしておいて、再びデッキで入港するまでを撮影。タラップから乗客が降り始めたところで、自分も船室に戻って荷物を持って下船。父島到着となった。

食事

船内の食事は値段が結構高いので、いろいろ食料を持ち込む人もいるが、自分は特に持ち込むまでのことはせず、昼食はまず船内の自販機の170円のカップ麺で済ませた。いきなり熱いお湯が出ると注意書きのある給湯器から好きなだけお湯が注げる。3分間待ちながらデッキに出て、デッキの椅子に座って景色を眺めながら食べた。

ひるがえって、夕食は船内のレストランで。安いものでもいい値段がするので、それならいっそ高いものをと、1100円のステーキ。レストランは結構混んでいたが、一人なので窓際のカウンター席の空いたところに。レストランに限らないが、船が揺れたときに移動してしまわないように、椅子は鎖で床につなぎとめてあるので、座って椅子を引こうとしても動かない。

朝食は、Aデッキの最後部に展望スナックというのがあるので、そこで食べようかと思ったが、席がずっと埋まったままっぽかったので、あきらめてまたレストランへ。朝食は小さい鉢はそれぞれ安いのでたいしたことないと思ったが、合計してみるとやはり結構な値段になった。

到着は11:30だが、到着してゆっくりする時間なくダイビングに出かけるので、船内にいる間に昼食を軽くとっておく。ということで、売店が到着前に閉まる前に菓子パンを買って、自販機の缶コーヒーとあわせて昼食とした。

Ogasawara OgasawaraOgasawara Ogasawara Ogasawara Ogasawara Ogasawara Ogasawara Ogasawara OgasawaraOgasawara Ogasawara Ogasawara Ogasawara Ogasawara Ogasawara Ogasawara Ogasawara Ogasawara OgasawaraOgasawara Ogasawara Ogasawara Ogasawara Ogasawara Ogasawara

広告
  1. #1 投稿者: morip (2013年5月21日 - 08:31)

    船旅、いいですね♪ 夕日の写真がきれい!お天気も良くて良かったですね。

    • #2 投稿者: Erlang (2013年5月21日 - 10:23)

      moripさん、コメントありがとうございます。豪華客船の旅とかではないので、たいしたことはないんてずが。本当に天候には恵まれてよかったです。夕陽は最後まで何にも邪魔されずにきれいに沈んでいきました。

  2. #3 投稿者: ukidd (2013年5月21日 - 17:28)

    見事な夕陽撮られましたね。まさかiPhoneで撮ったんじゃないでしょうね・・・
    60D出動ですか。

    このような夕陽は関西のCM「別寅」を思い出しました。

    • #4 投稿者: Erlang (2013年5月21日 - 18:05)

      ukiddさん、これは普通のビデオカメラで撮ってます。ここで載せている16:9の横長な画像は全部ビデオカメラで撮った映像からキャプチャしたものです。ダイビングのときはダイビング器材だけで荷物なので、撮影機材は基本、ビデオだけ (水中撮影にも使う) にしてます。きれいに見えるのは、本当に夕陽がきれいだったからです。海の上で、天気がいいとこんなにきれいに見えるんですね、って感じでした。別寅のCMねー、確かに

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。