22年前のH-Iロケット9号機打ち上げ動画

来る5月24日にH-IIAロケット24号機でALOS-2 (陸域観測技術衛星2号「だいち2号」) の打ち上げが予定されており、更に今年はこの後も今までになく多くのH-IIAロケットの打ち上げが予定されており、それらを見学に行く人も多いようである。そういえば、自分もずいぶん前にロケットの打ち上げを実際に見てみたくて種子島に見に行ったことがある。そのときに撮影したビデオ (S-VHS-Cテープ) があったはずと発掘して、キャプチャしたものをYouTubeに載せておいた。

ちょうどH-Iロケットが引退して次のH-IIまでは少し間があくので、見に行くなら今のうちと思って、H-Iロケットとしては最後の打ち上げだった9号機の打ち上げを見に行った。実際には、当初の打ち上げ予定日に合わせて種子島に行ったものの打ち上げが延期になり、再度仕切りなおしの打ち上げ予定日に合わせて種子島に行って撮影したのが1992年2月11日。打ち上げられた衛星はJERS-1 (地球資源衛星「ふよう1号」)。

ビデオの最初は出発前の羽田のカウンター。JALの地上職員の制服になんだか時代を感じる。

打ち上げは種子島の某所から撮影。今のようにインターネットで色々情報が手に入る時代ではなかったので、最初に行った時に打ち上げ日の前日を丸々使って種子島宇宙センターの見学だけでなく、撮影場所のロケハンのために自分でレンタカーであちこち走り回って探して決めたのがこの場所だった。撮影場所の周囲の様子も少し撮ってあるが、行ったときはなんとなく造成中のような感じに見えたが、今この場所がどうなっているかはよく知らない。既に、現在のH-II用の施設が建設されているのが写っているが、打ち上げは古いH-I用の発射台から。

打ち上げのシーンは引きで撮っているが、現場で肉眼で見ている感じにまあだいたい近いと思う。

残念なことに曇天であったため、上昇してしばらくすると雲の中に突入してじきに見えなくなってしまった。

帰りは昔の種子島空港に寄ってYS-11の離陸を撮影しているが、ということは自分はこれに乗って帰ったのではなくて、この後ジェットフォイルで帰ったはず。こうやって聞いてみるとYS-11のエンジン音が独特だ。

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。