2006年の水星の日面経過をRegistax

少し前に水星が東方最大離角を迎えて、前後しばらく日没後の西の空に条件がよければ見られるので話題になっていたのと、一昨日が2年前に金星の日面経過があった日にあたったことで、2006年の水星の日面経過を撮影したことを思い出し、そういえば当時は手持ち機材で最も望遠撮影できるのがビデオカメラだったからという理由でビデオで撮影したものを単に静止画切り出ししていたが、かなりわかりにくい画像だったものを、元の動画データを使えばRegistaxにかけるともっと鮮明な画像を得られるのではないかと思った。

早速古いビデオテープの山の中から当時のテープを発掘して、Registaxで処理し、更に少しでも鮮明になるようにと、金環日食や金星の日面経過のときと同様にモノクロ化処理をした。

で、できた結果がこちら。撮影画像をハイビジョン画面からトリミングしているが、当時の画像と同じになるようにトリミングしたので、比べてみていだきたい。あまりきれいな円形にはなってくれずに流れたような影がついているが、かなりくっきり見えるようになったものと思う。しかし、こうやって見ると、距離も遠く本体も小さいので、金星の日面経過に比べるとずいぶん小さい。

Transit of MercuryTransit of MercuryTransit of Mercury

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。