皆既月食残念記

昨夜は全国で皆既月食を楽しまれた方も多いと思うが当地では終始曇天で、ほぼ全く見られなかった。

今回の皆既月食では、各地で観望会も開催されていたが、いちおう自分の機材で写真を撮ったりもしたかったし、自宅で見ることにしていた。普段はマンションの自分の階付近で星を見ているが、今回は、裏の駐車場脇からだと東の空が開けていて地平線付近は除いて全過程を地上からでも見られることもあり、月食の時間帯も一般の人にとって常識的な時間帯に全部おさまっていることもあり、そこに機材を持ち出して、マンションの住人や道行く人達にも見てもらう「にわかご近所観望会」にしてみたいという計画だった。

まあそうすると、自分で真剣に連続撮影とかはしにくくなるが、まあそういうのは他にもたくさんの人がやるだろうから、いいことにして、天王星が近くに見えるのだけは興味深いから撮りたいなくらいに思っていた。天王星は月に近づいているのだが、月が皆既の間で一番近づいているときでも、望遠鏡の直焦点ではちょっとおさまらない位置にあるので、カメラレンズの最望遠で狙うことにしてポラリエに載せ、望遠鏡の方はみなさんに眼視してもらい、あとついでに人がたくさんいたら同時に見てもらえるようにコルキットも。という計画だった。

雲模様を気にしながら、会社を少し早く上がって、帰宅し、道すがらちょうど黄色い色をして昇ってきた満月がちらりと見えたが (このとき写真を撮っておけばよかった)、家に着いたら既に雲に隠れて影も形も見えず。どうもその後も前夜前々夜にコルキットで月を見ようとしていたときほどにも雲の隙間から姿を表す気配がないくらい曇っている。

全く見えもしないのに、道の前で望遠鏡出して待っててもアホみたいなので、雲行きがよくなるまでは、一応全部の機材は持って、自分の階の非常階段のところで待機。iPhoneでネットの情報を見ていると各地でよく見えているらしい。職場のある都内にいたら見えていたのにと思うが、致し方ない。こちらでは待てど暮らせど全く姿を見せず。

しかしやがて一瞬雲が薄いところから光が見えたので、急いで望遠鏡の自動導入のアライメントを取る。これで姿は見えなくても常に月のある場所は狙っていられるようになったが、月の姿はすぐに見えなくなって、また全然見えない状態が続く。

その後もほんの時たま姿を表すが、カメラを準備する間もなく隠れてしまうということが数度あったのみ。皆既も終わったなあと思いながら、月の方向から目を落として東の地平線を見ると、遠くに見えるマンションの明かりくらいの光が見えたりなくなってりしている。双眼鏡でのぞいてみると、なんと打ち上げ花火だった。今まで見たことはなかったが、後で方角等も確認してみると、東京ディスニーランドの花火のようだ。六本木ヒルズの屋上から何度か見たことはあるが、自宅からも見えるのはこれまで気付いていなかった。

その後また一瞬月が姿を現して、なんとか1枚は月の姿をカメラに収めることができた。

2014年皆既月食
皆既月食後 2014/10/08 20:36 Canon PowerShot S120 5.2mm, F1.8, ISO3200, 1/13sec

まだ部分食は終了しきらないが、雲が更に厚くなってもう隙間から見える気配もなさそうだし、見えたとしても今さら部分食の後半の一瞬だけ撮っても仕方ないので、もう撤収することにする。こんなことなら都内のどこかの観望会に行っておけばよかったのだが、まあお天気のことは致し方ない。

撤収作業をしながら東の地平線をよく見ると、また別の見慣れない明かりに気が付いた。上の写真にも写っている。これまた双眼鏡でのぞいてみると、大きな炎がめらめらしている。あわてて片付けかけた望遠鏡にデジイチを取り付けて撮影した。これも後で調べてわかったが、フレアスタックといわれるもの。これについてはまた別記事で詳しく。

そんなわけで、フレアスタックの方に興奮した、残念な皆既月食であった。ご近所観望会ができなかったのも残念だが、また何かの機会にやってみたいところだ。

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。