コルキット+ポラリエ+三脚一式移動セット

前の記事でまとまったコルキットにポラリエ追尾の一式。自宅のベランダや非常階段あたりで見ている分にはまあそのままの状態で適当に運んで使えばいいが、せっかくのコンパクトな機材一式なので、ちょっと観望会に持って行ったりしてみたいところだが、そうすると小さくてもあまりにバラバラでは運搬しにくいので、きれいにまとめたい。

ポラリエも使わず、講座でもらったBaby SLIKの三脚とで使うのであれば、そのBaby SLIKに付属のバッグが三脚以外の物を入れる余裕があり、コルキットを接眼筒を引き抜いた状態にすればちょうど収まる (接眼筒を組み立てた状態だとぎりぎり入らない)。おまけに、アイピースや天頂ミラーなどの小物も収納できるポケットもついていて至れり尽くせり。コルキットのお出かけセットとして完璧なのだが、私が持ち歩くにはそのデザインがさすがにいただけない。まあ、いずれにせよ私の場合はポラリエと、これより大きい三脚を使うので、このバッグを使うことはない。

Baby SLIKのバッグ

さて、まずポラリエとセットにするかどうか以前に、コルキットと付属品一式だけをまとめて収めるためにと物色して購入したのが、このケース。ベルボンの一脚用ケース#57で、長さ的には長すぎるのだが、太さはまあちょうどいい感じで、三脚取付座とファインダーは外さずに収納できる。長さの余った頭の部分に、100円ショップで買ってきた小さなクッションバッグにアイピース、天頂ミラー、そしてUSBカメラを入れたものを突っ込んでファスナーを閉じると、ちょうどいい感じである。コルキットとアクセサリだけを運ぶときはこれだけでちょうどいい。

コルキット一式 in 一脚ケース

更に三脚やポラリエと一緒に運ぶためには、この一脚用ケースに入ったコルキット一式と三脚を更に大きな三脚用のケース、ハクバのGWトライポッドケース T2 LLに一緒に入れる。コルキットをハダカで三脚と一緒にケースに入れると中でぶつかってコルキットが傷んでしまいそうだが、これなら大丈夫。この大きな三脚ケースは、本来もっと大きな三脚を収納するためのものだが、私はこれまでこのケースを普通サイズの三脚を2本まとめて入れて運ぶために使っていた。2008年の皆既日食のときに、2台のビデオカメラで撮影するために三脚も2本持って行くために購入したもので、その後も三脚2本使いで出かけるときにはちょくちょく活躍している。

これに今回は三脚とコルキットの入った一脚ケースを入れる。やはりまた上部に空間が余るので、ここにポラリエと雲台を収納する。写真ではよく見えるようにハダカで置いてあるが、実際は何かクッションにくるんでから入れる感じだ。これで、パソコン以外はひとつのケースに収まったので、眼視でしか使わない場合はこのケースひとつで必要な物は全部入っていて、手軽に運搬できる。USBカメラ使用時は、パソコンを別途他のカバンに入れて運ぶことになる。

コルキット+ポラリエ+三脚一式 in 三脚ケース三脚ケース

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。