ガリレオ衛星の相互食

ガニメデによるイオ食ガニメデによるイオ食 2014/11/23 01:15~57 Canon EOS 60D, Celestron NexStar 5SE (D125mm f1250mm F10), 8-24mm eyepiece projection (8mm), ISO6400, 0.5sec, トリミング, 切り貼り

少し前から、木星の衛星の相互食が見られる時期に入った。日食や月食が新月や満月のたびに起こらないのは軌道が傾いているからなのと同じように、木星の衛星の軌道も地球から見ると普段はいくらか傾いているので、衛星同士は重ならないのだが、土星の輪が消失するのと同じように、木星が公転軌道を半周するごとに、衛星の軌道を真横から見る角度にくるため、衛星同士が重なって相互食を起こすようになる。正確には、衛星が衛星を隠すのは掩蔽、衛星の影に衛星が入るのが食というそうだが。

相互食自体は非常にたくさん起きるのだが、そのうちでも見やすいものが、今日未明に見られたので、撮影してみた。画角的には、普段月を撮ったりしている直焦点では小さくしか写らないので、惑星を撮影するときに使っているアイピース拡大撮影で、ただし惑星だけのときのようにクロップ動画は使わず、画面全体を使って撮影するのでちょうどよいくらい。

現象の起きる時間はそのたびに違うが、今回は重なりはじめから重なり終わりまでが6.6分。そのときだけを撮影しても、衛星がひとつ見えないだけの写真になってしまうので、前後の時間にも撮影して動きがわかるようにしないといけない。本当は、タイムラプス動画的なものにしてみようと、30秒おきに撮影していたのだが、撮れた画像を見ると、シャッターごとに、大気の揺れなどで画像がひどく乱れているものが多く、きれいに写っているものと当たりハズレがある。等間隔で拾うこともままならないので、とにかくきれいな像に写っているものを適当な間隔で拾って、切り貼りして並べたのが上の画像。

しかも、本当は余裕をみて前後30分ずつぐらい撮ろうと思いながら、少し準備に手間取り開始が20分前くらいになってしまった。まあそれでも十分だろうと思いきや、準備中はまだ2つの衛星は十分離れて見えていると思っていたのに、撮影開始した後、思ったより早いうちから接近しただけで像がくっついてひとつに見えてしまうようになった。そんなわけで、2つの星像がだんだん近づいてくるという画像がうまく選べなかった。

写真では01:15:30では分離しているガニメデとイオが、01:24:00にはつながって団子状になり、01:31:00の掩蔽開始寸前には完全に1つの星像にしか見えなくなり、明るさは2つの衛星の明るさが加わった明るさなっている。

そこからガニメデがイオを隠し始めると、イオの明るさの分がなくなっていき、星像としては1つにしか見えないままで明るさだけが減っていく。01:34:00で少し暗くなって、01:35:30で最も暗くなっているのがわかるだろう。

その後は過程を逆にたどり、明るい1つの星像になって、やがて団子状から1つの星像に分離する。

撮影中はNexStarはカメラで占領されているので、眼視ではコルキットの35倍で見ていた。カメラの方も、星の軌跡の撮影のときのように1枚1枚の間を置かずに撮影ではなく、30秒ごとに1枚の撮影なので、撮影後のプレビューもモニタで見られる。後半、衛星が離れていくところをコルキットと見比べていたが、撮影画像が分離して見えるようになりはじめて、そんなにたたないうちにコルキットでも分離して見えるようになった。

まだしばらくの間、繰り返しあるので、NexStarの方で眼視で見ればもっとぎりぎりまで分離して見えるだろうとか、今回失敗したタイムラプスに再挑戦するなど、色々試してみたい。

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。