nexus 7: ケースと保護フィルム

さて、これから使っていくnexus 7、まずは外側から固めておかないといけない。

ケース

私はiPhoneはいつも何もケースに入れずに使っていて、身に付けるためにはポケットやカバンに入れるのではなくベルトケースを着用してそこに収納している。タブレットの大きさになるとそういうわけにはいかないので、やはりカバンに入れて持ち運ぶことになる。望遠鏡に使う場合も、持ち運びには他の機材と一緒に何かのバッグに突っ込むことになる。画面も大きいし、背面はなんだか少しやわらかそうなプラスチックなので、さすがに裸ではどうかと思われる。また、電源 (スリープ) ボタンが押しにくいことは前に書いたが、nexus 7には磁気スイッチでスリープON/OFFができる機能があるので、それ対応のケースを使えば、蓋の開け閉めに連動してスリープ動作の制御ができて便利そうだ。

そんなわけでケースを物色したが、ヨドバシなどの店頭で見たものにはいまひとつピンと来るものがなかったし、そもそもスリープ対応を謳ったものが見当たらなかった。iPhone/iPadと違ってAndroid機は機種が多いのでそれぞれ用のアクセサリは1機種あたりの種類はあまりたくさん店頭には並んでいるわけではない。しかし、Amazonなどで検索するとかなりたくさんの種類のものが販売されていて、その中で仕様的にも見た目的にもよさげなものを注文してみた。本来実物を見て選びたいところだが仕方ない。それほど値段が高いわけでもなかったし。

漫然とタブレット買ったらと思っていた頃から、ケースつけるなら風呂蓋タイプだなぁ、と思っていたこともあって、買ったのはこれ、MOKO Google nexus 7 2013 オートスリープブスマートケース。届いてみると、予想以上にいい感じだった。表面の質感などはwebの写真だけではよくわからないが、クラシックなカメラの貼り革のようなシボ加工になっているのが、自分としては非常に好みの感じだった。

MOKOMOKO

蓋を閉じたときはフチにある細い磁石でピタっとくっついてしっかり閉じるし、浅い角度と深い角度の2種類の立てかけ方をするために蓋を三角形に畳んだときは蓋の根本近くのところがやはり磁石でくっついて三角形が崩れないようになってて、よくできている。

ただ、普通に使うときに邪魔にならないように蓋をぐるりと背面に回したときに、本体が裏側で薄くなったような形状なのでちょっと蓋がはみ出る感じになって落ち着かない。もともと片手で持てるとはいってもかなり手のひらを開いて掴む状態なので、更に持ちにくくなるし、電子書籍として読むときに、片手で持ったままページ送り操作に使う音量ボタンの操作がしにくくなる。蓋を裏に回した上で、更に蓋の一番先の分だけを折り込んで持てば、ちょっと落ち着かない感じではあるが、ちゃんと本体を掴んで音量ボタンの操作もできそうだ。しかし、まあどうしても片手しか使えない場合でなければ、片手でフチを持って、操作はもう一方の手でした方がよさそうだ。

画面保護フィルム

テカテカ画面があまり好きではないので、アンチグレアタイプのフィルムを貼っている。これも前に書いたが、最初ヨドバシ店頭にあったものを適当に買ってきた (ラスタバナナ NEXUS7 2013年モデル フィルム スーパーさらさら アンチグレア R481NEXUS) が、これがやけに白っぽく画面の明瞭度を下げるダメダメなものだった。やはり店頭に並んでいるものには種類に限りがあるので、こちらはそれこそ店頭で選んでも実際に使ってみないと良し悪しはわからないので、またAmazonで適当に選んで買ってみた。今度買ったのは、アスデック 【ノングレアフィルム3】 Google NEXUS 7 (2013) 専用 防指紋・気泡が消失するフィルム NGB-GNX7S。こちらは剥離紙が半分ずつ剥がれるタイプでなかったので、きっちり位置を合わせて貼り付けるのに少し苦労したが、見え具合はこちらの方がずっとくっきりよく見えるようになってよくなった。

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。