NexStar無線化計画 (その5) ― 接続の問題

Bluetooth化基板のコントローラへの組み込みも完了して、これで面倒なケーブルなしでパソコンでもタブレットでも無線接続して使用できるようになった。

ところが、お天気もよくないしとりあえず室内で試しに接続してみていたところ、どうもnexus 7からうまくつながらないことがある。パソコンの方からはいつもあっという間に接続できて何の問題もないのだが。どうにもつながらなくなって、一旦ペアリングを解除してもう一度ペアリングしなおそうと思ったら、前にもう検索可能にしておかなくても大丈夫だろうと。マイコン基板の上のジャンパを検索可能でないようにセットしたまま組み込んでしまっていたので、ペアリングもできなくなってしまって、また蓋を開けてジャンパを挿し直す羽目になったりもしたので、今後もまた他の端末とペアリングすることもあるかもしれないので検索可能なままにしておくことにした。

さて、ペアリングしなおしても、やはりうまくいかないのはうまくいかない。そんなんだと、現場で使うつもりでうまくつながらないと困るので、結局タブレットは買ったけどうまくつながるPCだけの使用に限定しようかとまで思ったりもしたが、色々試しているうちに判明したのは、近くに置いてあるiPhoneのBluetoothがオンになっているとnexus 7からうまくつながらないということ。パソコンはSleepにしていればBluetoothも切れるが、iPhoneはスリープ状態でもBluetoothは生きているので、電波の届く範囲にiPhoneが置いてあるだけで、どうもiPhoneが望遠鏡とnexusの接続の邪魔をしているようである。といっても、前に試したようにiPhoneとは接続はできないので、先に接続を取られてしまっているというわけではないと思う。ともあれ、iPhoneのBluetoothをオフにしておけば、nexusからもすんなりつながることがわかった。iOS7以降ではコントロールセンターから手早くBluetoothのオン/オフができるようになっているので、そんなに手間ではない。これで、nexusからも百発百中接続できるようになった。しかし、パソコンだとiPhoneに勝つんだろうか。なんでだろう。

ところで問題判別に手間取った理由のひとつは、不思議なのだがnexusが望遠鏡に内蔵したBluetoothモジュールと接続しても、ステータスバーのBluetoothのアイコンがグレーから水色に変わらないこと。これはどうしてだろうか。テザリングするためにiPhoneとBluetooth接続した場合には、ちゃんとアイコンが水色になるのだが。プロファイルが違う (SPP) せいだろうか? マイコン基板側はLEDで状況が表示されるが、組み込んでしまったから見えないので、両者がBluetoothとしてつながっているのかどうかがさっぱりわからない。SkySafariから望遠鏡の接続ボタンを押してアプリ上での接続が確立するかどうかでしか判断できない。

nexusもiPhoneやなんかと同様に、少しさわっていないとスリープ状態に入る。そのときにパソコンがスリープに入ったときのようにいちいちBluetooth接続が切れてしまったりしたら面倒だなと思って少し心配したが、これは先に書いたiPhoneと同じく、スリープ中もBluetoothは生きていて問題なかった。SkySafariの画面のまましばらく放置して画面が消えようが、ケースの風呂フタを閉じてみようが、また動作状態に戻れば接続はしたままになっていて大丈夫だ。

さて、後は実際の星空で試してみるのが楽しみだ。

広告
  1. #1 投稿者: のびさん (2015年12月19日 - 03:50)

    はじめまして、のびさんと申します。のりきゅうさんのBlogからこちらに飛んできました。
    皆様と同じようにSkyWatcher EQ5GoToのBT無線化にチャレンジしていましたが、Android 6.0.1(Nexus 6)、Android 5.0.2(Xperia Z3 Compact)端末からの接続で、SkySafari PlusでBluetoothがConnection Failureが出てしまい2週間ほど悩んでいましたが、こちらの投稿を拝見してどうにか解決出来ました。ありがとうございます。
    御礼にこちらにAndroidの最新版での挙動について、コメント記載させていただきます。SkyWatcherのハンドコントローラーは、中を開けたら基板にCelestronと書かれているほどなんだかなぁ…というくらい中身はほとんど同じなので改造ポイントは同じになります。
    一方、Android側でBluetoothをONにしていると、最後に接続していたデバイスに接続をしてしまうので(特にSPPの場合はステータスも表示されず)のでSBRBT側でコンフリクトを起こし、SkySafariでConnection Failureとなってしまいます。ですので、デバイスは一度ペアリングをした後は、SBRBTのJP1をショートさせて探索不可にしておかないとSkySafariが正常稼働しなくなっていました。

    他も含めて様々な投稿、拝見していて本当に参考になりました。先月赤道儀を安く譲ってもらい、星野撮影をこれからチャレンジなので何卒引き続きよろしくお願いします。

    • #2 投稿者: Erlang (2015年12月19日 - 05:07)

      のびさん、詳しいコメントありがとうございます。
      コントローラ、各社見た目同じなのが多いですよね。本当に中の基板にCelestronって書いてあるんですか?
      Androidの最新版、SPPの場合ステータスが出ないのは変わらずなんですね。私は一旦ちゃんと使える状態になっているのでバージョンは4のまま上げずにいます。
      そういえば、最近iPhoneを5から6sにしたんですが、これだと横でBluetoothがONになったiPhoneがいても、Androidの方と望遠鏡がちゃんと接続するみたいです。
      これからもまた情報交換よろしくお願いします。

      • #3 投稿者: のびさん (2015年12月19日 - 17:21)

        撮影用端末はバージョンアップ等は鬼門ですね。
        SkyWatcherの中の基板にCelestronと書いてある時はビックリしました。Syntaに買収されてから長いので、パーツ含めて使い回しなのでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。