手で空の角度を測る

星を見るときに、高度や方位、星と星との間隔を、それほど正確でなくおおまかに測るために、特別な器具などを使わずに、自分の体の一部分である手を使うことがある。物の寸法を測るときに指を広げたりするのと同じような感じだ。

天球上の天体の位置や間隔はセンチメートルやメートルのような長さの単位ではなく、角度の“°” (度)で測る。角度は自分を中心に一定の距離に置いたものの長さとして測ることができる。そこで、腕をめいっぱいに伸ばしたときの手の幅を用いると、これがおおよそ10° でちょうど都合がいい。物の長さを手で測るときは、例えば手のひらをいっぱいに広げた長さ、といってもその人の体の大きさによって違ってくるが、この角度の測り方の場合は、腕の長さと手の幅の比率で決まってくるので、あまり体の大小に関係なく誰でもおよそ10° になるので、これまた都合がいい。

ところで、ここでは「手の幅」と書いたが、私が子供に何かで読んでずっと覚えていたのは、手をまっすぐに指を揃えて伸ばした状態 (親指も開かずに揃える) の手の幅だった。この方法で星の位置を見定めるときは、天に向かって手刀でも切っているかのようなポーズになる。ところが、この数年、自分の天文活動が増えて改めて星見の案内の本などを読む機会が増えてみると、どういうわけか私の記憶と違ってどれを見ても「にぎりこぶし」の幅と書いてある。まあ、実際の幅はどちらでも同じわけだが、天に向かってにぎりこぶしを振り上げるというのは、天体観測をしているにしてはいささか勇ましすぎやしないか。特に、これを観望会などで、みんなで練習してみましょう、などと全員で一斉にやったりすると、ハタ目には何かシュプレヒコールでも聞こえてきそうにも見えて、あまりおだやかではない感じに思える。私としては、ぜひ手のひらをまっすぐに、とおすすめしたい。

もう一点気になるのは、そういう書物などには、よく、にぎりこぶしで10° だけでなく、指をこう開いたら15° とかこうだと20°、あるいは、指何本だけで何度、などと細かく書かれていることが多い。しかし、これは私は不要と思う。基準のものさしは10° のものがひとつだけあれば十分だ。長さのものさしでは、長い方はいくらでもあるので、手の幅だけを基準にしていたら、何メートルもあるものは何十回も手の幅を継ぎ足して測っていかなくてはならず現実的でなく、両腕を広げた長さとか、何段階かのものさしが必要になってくる。しかし角度の量には上限がある。地平線からの高度は90° までしかないし、方位もまず北から数えるとしても、そこからちょうど90° の東や西、正反対の南を見極めてそこから数え始めれば、45° まで測れれば十分だ。星と星の間隔だって、そんなに離れたものどうしを測ることはない。10° のものさしを何回か重ねていくだけで大丈夫だ。

一方、細かい方は、望遠鏡や双眼鏡の視界の中の話でもなければ、近づいて細かいところまで見るなんてこともないわけなので、ミリメートルのものさしも必要なくて、目で見ておよそ判別できる1° 程度までわかれば十分である。10° の基準があれば、目分量で10分の1くらいまではわかるものだから、手の幅の半分くらいで5°、10分の1で1° 、というように測ればいいわけで、余計なものさしをわざわざ覚えることもない。余計なものを色々出すと、かえって混乱するだけである。実際、ものによっては、指1本で2° と書いてあるものもあれば、1° と書いてあるものもあった。指が5本のうちの1本分なので10° の5分の1で2° と考えるのと、指先の細まっているところだけ見るともっと細いので、おそらく爪の幅ぐらいだけを考えて1° と言っているのだろうが、いう人によって基準が違っては混乱する。

角度の目安は腕を伸ばした先の手の幅で10°、これだけで十分だ。

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。