iPhone 6s

iPhone 6sの話など今さらな感があるが、ひと月ほど前にそれまで使っていたiPhone 5からiPhone 6sに変えた。

最初から行くと、iPhone 3G、iPhone 4、iPhone 5と、ちょうど1年おきに、sの付かないiPhoneに買い替えてきていたのだが、iPhone 6が出た時は、Plusの方でなくても本体が大型化したのがあまり気に入らなくて、ハードウェアの性能的にもある程度十分進化してあまり買い替えなくてはという感じもなかったので、買い替えを見送っていた。しいて言えば、5sから導入されていた、人前でロック解除コードを打ち込まなくていい指紋認証ホームボタンがちょっとうらやましいくらいだった。

大型化した評判はやはりあまりよくなかったように思うので、6sではPlusの方は大きいままで残っても、Plusでない方は元の大きさに戻ってくれないかと淡い期待を寄せていたのだが、6s、6s Plusが出てみると、これまで通り、全体のデザインは変わらず、プロセッサ性能や付帯機能が進歩するという、従来通りのパターンだった。

次の7まで待つという手もあったが、この調子なら7で小さくなるとも思えず、また使っていた5の内蔵バッテリが経年変化のためか、だんだん膨らんできたせいで、液晶画面が浮き上がってくるようになり、初めは片端だけだったのが、もうそろそろ全体が浮き上がって外れてしまうのではないかという様相になってきていたので、ここは諦めて6sに買い替えるか、ということにした。

さて、そうやってiPhone 6sを使い始めて気になることなどなど。iPhone 5sや、iPhone 6からそうだということもあるので、何を今さらということもあろうが、私にとっては初めてなので仕方ない。

サイズ

サイズはやはりちょっと大きい気がする。片手で持って親指だけでは画面全体に指が届かない。iPhone 5でも一番上の端には届きにくかったが、6の大きさになるとそれどころではない。どうしても片手だけで離せないときは、握りを少しずつずらせて上の方に指が届くようにしないといけないが、フチが丸くなった形状のせいで、滑り落とさないか心配だ。ホームボタンをダブルタップすると画面が下にスライドする機能もあるが、これもあちょっとまどろっこしい。

しかも指が届かないのは上だけでなく、横幅もかなりきつい。日本語テンキー入力しているときに、バックスペースキーとかしくじりやすい。これまでと間隔が違うせいか、速い速度でテンキー入力するときに誤スワイプ率も高い。キーの場所は間違っていなくても、遠い方向へのスワイプが十分にできていなかったりということもある。まあこのへんは慣れていくしかないのだろう。

しかし、1ヶ月も使っていると、ふと古いiPhone 5をさわってみると、やけに小さく感じてしまうのも不思議なものだ。

スリープボタン

スリープボタンの位置が上から右側に変わったので、押しにくい。側面にあるとつい両側から挟むようにして押してしまうので、同時に音量ボタンを押してしまうことが多い。

カメラの出っぱり

背面カメラが少し出っぱっている。ケースを付ける人はケースの厚みに埋まってしまえば構わないのかもしれないが、私はケース付けない派なので、出っぱったままだ。私は机の面に置いた状態で使うことも多いが、この出っぱりのせいで、平らに置けず、ガタガタする。出っぱっているということはぶつけやすしい、そこだけ外見的に傷がつくくらいなら構わないがぶつけた拍子にカメラが中に押し込まれて壊れてしまったりしたら嫌だ。

カメラの出っぱり部を覆う保護リングのようなものを買ってきて貼り付けた。でっぱりは却って大きくなるが、傷ついたり壊れたりする心配がなくなる。ガラス面が保護リングより落ち込んだ位置になるので、不用意に指紋がついて汚れたりすることがなくなった。

カメラ保護リング

タッチID

ホームボタンに指紋認証機能が組み込まれたタッチIDは便利だ。人がいるところでスリープ解除するたびにパスコードを打ち込む必要がないのは他人に見られる心配がなくて安心だし、手間も減っていい。ホームボタンを押したらそのまま指紋が認識されるので、とても快適だ。

ところが快適すぎて不便なこともある。これまでなら、「 〉スライドでロック解除」と表示されている画面で、スリープ中に届いていた通知が表示されたりしているのを見ることができたが、自動的に指紋認証されているのでそのままホーム画面に行ってしまい、通知を読む暇がない。

iPhoneを撮りだしてすぐにカメラを使いたいときも、これまではパスコードを入力する前に、画面右下のカメラアイコンからカメラを起動するのが最速だったが、そのままホーム画面に行ってしまうと、スリープに入る前画面がカメラアプリのアイコンのある画面でなかった場合、それにたどりつくまでかえって手間がかかる。

スピーカ

普通内蔵スピーカで音を聞くことはないのだが、5までのスピーカに比べてずいぶんいい音がするようになっている気がする。音を出すのはカメラのシャッターを切ったときくらいだ。マナーモードにしていようが音量を絞っていようが、ヘッドホンを使っていようが、盗撮防止のためにカメラのシャッター音だけはスピーカから鳴り響くようになっている。カメラは本当に盗撮などしていなければ別に困らないのだが、困るのがスクリーンショットをとるときにもこのシャッター音が鳴ることだ。たいてい移動中にロマンスカーの予約をしたら後ですぐ見られるように画面コピーをとっておくとか、そういうことをするのだが、カメラで写真を撮っているふうでもないのにシャッター音が鳴るわけだから、むしろ盗撮をしていると思われても仕方なさそうな状況になる。実はこれまではスピーカの音の出る穴の部分を指でふさぐとほとんど音は聞こえなくなったので、2ボタン同時押しに加えてスピーカ穴を押さえながらスクリーンショットをとっていた。しかし、6sのスピーカは穴のところだけ塞いでも筐体全体に音が響くような設計になっているようで、かなり大きな音が聞こえてしまう。スクリーンショットをとる際にはよく気をつけないといけなさそうだ。

電池の持ち

これまでのiPhone 5が電池が劣化してきていたせいか、外形的にふくらんできたこともそうだが、電池の持ちも悪くなってきていたようで、予備バッテリのお世話になることが多くなってきている気がしていた。新しいのになれば、余裕で1日充電しないで使えるかと思ったら、ちょっと外出中によく使っていると電池が足りなくなってくるのは劣化した5とそんなに違わないくらいな気もする。Siriが常時スタンバイしていたり、万歩計が働いていたりするせいだろうか。

バイブレータ

新しい機能の「強押し」をしたときにコトッと揺らせるために強化されたのか、バイブレータの振動がやけに強い。少し不安定なところに置いてあったりすると、ビリビリ振動して大きな音を立てて気になる。

iOS9

古いiPhone 5では、iOS8にまではアップデートしていたが、iOS9にはしていなかった。iPhone 6sでは購入時からiOS9である。中身はiPhone 5から引き継いだからインストールされているアプリは今までiPhone 5で使っていたもの。ところがiOS9になって動かなくなったものが結構あるようだ。

iOS9で動かないと言われていたので対応版が出るまでは使えないとあきらめていたiステラは何事もなく動いたのだが、めったに使わないが何かのときにたまには使うようなアプリで起動しようとしても落ちてしまうようになったものがいくつかあった。とはいえ、普段からよく使うメジャーなもので動かないものはないのでまあいいか。

広告
  1. iPhone 5 バッテリ交換 | 世事不可强求

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。