カタリナ彗星 C/2013 US10

カタリナ彗星 C/2013 US10 が見頃を迎えている。今年見える彗星のうちでは最本命と目されていたが、年初のラブジョイ彗星 C/2014 Q2  が予想以上によく見えた一方、こちらは最高4等級になるのではという予報に反して、6等級止まりの様子ではある。

11月の後半までは南半球からしか見えず、明け方の東の空に昇ってくるようになって最初の晴れた11月27日に望遠鏡で撮影したもの。ちょうどおとめ座のλ星の近くにいて導入の確認がしやすかった。

C/2013 US10 20151127

Comet C/2013 US10 Catalina 2015/11/27 05:03~ Canon EOS 60D, Celestron NexStar 5SE (D125mm f1250mm F10) prime focus, ISO1600, 15sec×30, StellaImage 7 Metcalf composite, FlatAide

次に12月1日には、カメラレンズで撮影してみた。他の写真はる写真は地上から見た上が写真の上になっているが、これはカメラをポラリエに軸にまっすぐに乗せて撮影したので、北が真上になっている。相当階調をいじっているが、時計の7時方向と2時半くらいの方向とに2つの尾が出ているのがなんとかわかる。

C/2013 US10 20151201

Comet C/2013 US10 Catalina 2015/12/01 05:17~ Canon EOS 60D, EF-S55-250mm F4-5.6 IS II (250mm F5.6), ISO1600, 8sec×31, StellaImage 7, FlatAide, trimming

それから、12月5日にまた望遠鏡で撮影。2方向の尾がわかる。

C/2013 US10 20151205

Comet C/2013 US10 Catalina 2015/12/05 04:48~ Canon EOS 60D, Celestron NexStar 5SE (D125mm f1250mm F10) prime focus, ISO3200, 15sec×36, StellaImage 7 Metcalf composite, FlatAide

といっても結構わかりにくい。既に2つの尾がきれいに伸びている写真もたくさん出回っているが、私の自宅での撮影ではこれでせいいっぱいだ。彗星の写真でよくやるように階調反転してみると少しはわかりやすいだろうか。

C/2013 US10 20151201 Inv

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。