NGC2392エスキモー星雲

オリオン大星雲を撮ったので他にも何か撮ってみようと、昨夜はふたご座にあるエスキモー星雲ことNGC2392を撮ってみた。今月の星ナビに明るいので都会でも撮影しやすいと紹介されていたからという単純な理由。ちょうどうちから撮りやすい場所にもいる。

さて撮ってみたところ、最初にカメラのモニタで見た感想は、ちっちゃっ。確かに明るく写っているのだが、色が水色っぽいこともあって、見た目はまるで尾の出ていない彗星。撮ったままの画像をトリミングなしで掲載するとここんな感じ。

NGC2392NGC2392 Eskimo Nebula 2016/01/04 21:38 Canon EOS 60D, Celestron NexStar 5SE (D125mm f1250mm F10) prime focus, ISO6400, 8sec

直焦の画角ではちょっと小さすぎる。惑星を撮っているときのように、拡大撮影しないといけなかったか。

ともあれ、20枚ほどコンポジットして、トリミングして、階調調整した結果がこれ。

NGC2392NGC2392 Eskimo Nebula 2016/01/04 21:29~ Canon EOS 60D, Celestron NexStar 5SE (D125mm f1250mm F10) prime focus, ISO6400, 8sec×20, StellaImage7, Trimming

星ナビに載っていた写真には及ぶべくもなく、エスキモーの顔のように見える模様はまるで判別できないが、かろうじて同心円状の模様が見て取れる。

ちなみに、写真の向きはいつものように経緯台で撮ったままなので、ここでは北はちょうどすぐ近くの明るい星のある方向。エスキモーの顔と見るには北を下にして見る。

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。