火星の大きさの見え方の変化

前回の火星小接近から2年余りが経ち、再び火星が地球の近くに巡ってきて、まもなく最接近を迎えようとしている。今回の接近は、更に2年後の大接近のひとつ手前で、そこそこの距離に近づく「中接近」といっていい。今回は、接近の少し前から撮影していた画像を並べて、地球に近づくにしたがってみかけの大きさが大きくなっていく様子を比べてみたい。たまたま、ちょうど17日間隔で撮影できていた。

Mars

画像がボケていてちょっとはっきりしない感じもあるが、確かに順次大きくなってきているのがわかる。既に、土星の本体の部分よりも大きく見えるようになってきている。

再来年の大接近では、今回の接近より更に1.3倍くらい大きく見えることになり、楽しみである。

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。