「ひとみ」(ASTRO-H) を撮影

残念なことに姿勢制御の問題で自壊してしまったX線天文衛星「ひとみ」。前から撮影しようと思いながら、なかなかいい軌道とお天気と自分の都合とが合わずに撮影できずにいたが、先日ようやく撮影出来た。SNSには流したもののblog記事にしていなかったので、今更だが載せておく。

この日は早目に帰宅していて、夜は思いがけなく晴れて、ちょうどいい「ひとみ」の軌道があったので、カメラと三脚を持ってとある河原にでかけた。

ちょうど南の空に集まっている火星、土星、アンタレスの少し上方を画面右から左に飛んで行き、画面左から4分の1付近で地球の影に入って見えなくなっている。点線状に見えているが、これは破壊した機体が回転していて太陽光の反射率が速い周期で変化しているため。

ASTRO HX線天文衛星「ひとみ」残骸 2016/07/06 20:48~21:50 Canon EOS 60D, SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM (20mm F4), ISO3200, 0.5sec×173, KikuchiMagick, Photoshop 7.0

下は、ちょうど七夕前ということでついでに撮影した織女星と牽牛星を含む夏の大三角付近の軌跡。まだ寒い時期に明け方に明るくなりかけた東の空に昇ってきたところのような絵に見えるが、地平線近くが明るいのは街の明かり。地面の緑が明るいのは、背後に明るい照明があるため。

Summer Triangle
夏の大三角 2016/07/06 21:02~21:49 Canon EOS 60D, SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM (13mm F4), ISO400, 4sec×643, KikuchiMagick, Photoshop 7.0

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。