ネットプリントで書類を配布

ダイソーのプラネタリウム・キット用の恒星原図をせっかく作ったので、他にもこのキットに本当の星の並びに穴をあけたいと思う人に使ってもらおうと、配布することにした。PDFで配布してもいいのだが、自分でパソコン用プリンタを持っていない人もいるかもしれないし、印刷時の設定を正しくしないと、寸法がきっちり合わなくなったりするので、今回はコンビニのネットプリントを利用することにした。

ネットプリントも先日のコンビニ写真プリントと同じく、コンビニに設置されているマルチコピー機で印刷するものだが、原稿をデータとしてインターネットから送付するところが違う。本来は自分でデータを送付しておいて、自分でコンビニに行ってそれを印刷して受け取るものだが、ネットに送れば全国どこのコンビニからでも出力できるので、これを自分以外の人に受け取ってもらうのに利用するということが行われているという話を前から聞いていたので、自分も初めて利用してみようというわけである。

ところが、ネットプリントでの配布、どこのコンビニでもできるのかと思っていたのだが、そうではなかった。写真プリントの場合と同じく、セブンイレブン (「ネットプリント」) とそれ以外の大手 (「ネットワークプリントサービス」) で違うサービスなのだが、セブンイレブン以外の方は、コンビニでの印刷時にユーザーIDとパスワード、またはユーザー番号を入力してログインしてから文書を選んで印刷する。これだとユーザーIDとパスワード、あるいは少なくともユーザー番号を配布相手に知らせなければならず、配布専用のユーザーIDをつくならいといけないし、文書ごとの配布の管理ができない。一方セブンイレブンの方は、文書ごとに発行されるプリント予約番号さえあれば、その文書の印刷ができる。こちらの方がずっと便利だ。

最初それを知らずに、写真プリントではセブンイレブンはダメだったし、自宅の一番近くにあるのはセブンイレブンではないので、「ネットワークプリントサービス」の方にユーザー登録をしてみたのだが、いざ出力の手順を見るとこれじゃダメなことに気付いて、あらためて「ネットプリント」の方にもユーザー登録した。せっかく登録したので、いちおうネットワークプリントサービスでも同じ文書を印刷してみたが、ここでも差が出た。プラネタリウムの恒星原図は結構細かい図面だが、この解像度がずいぶん違う。これも写真の場合と逆で、セブンイレブンのネットプリントの方がよくて、ネットワークプリントサービスの方が悪かった。先の事情もあるので、これが逆でなくてよかった。

さて、先に自分でパソコンのプリンタでPDFを印刷してもらうとしたら寸法がきっちり合わないかもしれないことを書いたが、これは印刷時の設定での余白処理の仕方の選択にある。ネットプリントの場合は、ネットへの送信時にこの選択肢があって、「原寸出力」にしておくと期待通りの寸法で出力される。送信時に固定できるので、受け取る側の人が間違う心配をしなくていい。

そんなわけで、恒星原図の配布は、写真プリントではダメだったセブンイレブンのネットプリントで行うことにした。ただし、ネットプリントは有効期限があるので、このblogにプリント予約番号を書いておいてもじきに役に立たなくなるので、ここでは割愛しておく。

広告
  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。