「健康」カテゴリーの投稿アーカイブ

暖房便座が不愉快

先日のことだが、運悪くも普段より急に暖かくなったある日、会社のトイレに座ったら便座の温度設定がおかしくなっていたのか、便座がすごく熱くなっていて不愉快だった。そもそも私はこの暖房便座が嫌いだ。洗浄便座の方は大歓迎だが、便座の座る部分を電気で温める必要がどれほどあるのか。暖められていると却って気持ち悪い。他人が座っていて席を立った直後の椅子に座ると気持ち悪く感じるが、それに通じるものがある。冬の寒いときに、直接肌に触れる便座にすわった瞬間にひんやり感じるのが嫌だと感じる人のためのものだとは思うが、会社のビル内のトイレなど、冬も夏もビル内の室温はほとんど同じに保たれていて冬は便座が冷たいというほどのこともない。なのに、それだけのために電気を使って温め続けているというのももったいない話だ。それで、節電のためと称して、普段は温めていなくて、座ったら温め始めるようになっていたりするが、もはやそれでは本末転倒である。冷たいと感じるとしてもそれは座った直後で、いったん座ったら自分の体温でだんだん暖まってくるのだから加熱する必要はない。なのに、座ってからだんだん加熱されてくるのも気持ち悪いし、無駄だ。最初のひんやり感が嫌なら、表面を熱伝導率の低い素材にするとかいった方法の方がいいんじゃなかろうかと思うのだが、洗浄便座のセットの機能として、もともと電源があるものだから、そういうことをしてしまうのだろうか。

そういう私の自宅の便座も便座の暖房機能は装備されているが、スイッチは切ったままにしてある。洗浄水の方は温かい方が気持ちいいが、普段から加熱しておくのはやはり電気の無駄なので、普段は電源は切ってあって、座ったときに電源を入れるようにしている。洗浄水の方は座る瞬間でなく、しばらく後に必要になるものだから、その間に温まった程度で構わない。

暖房便座

コメントする

鼻マスク Pit

Pit

先日、今年も花粉症の季節がやってきたので、そろそろ愛用の花粉用マスク、重松製作所のNewクリーンメイト、の買い置きを買っておこうと、通販で注文した。そのとき、ふと、ついでに、数年前から売られている「鼻マスク」 (ノーズマスク・ピット) を試しに買ってみようという気になって、3ヶ入りのお試し版を、サイズがどっちが合うかは試してみないとわからないので、SとRの両方を注文して実際に使ってみた。

最初、この製品のことを聞いたときは、こんな牛の鼻輪みたいなのがついてたら、カッコ悪くてとても人前には出られないな、と思った。しかし、実物を見てみると、左右をつなぐ部分は非常に細く半透明なので、ほとんど目立たない。ちょっと肌にシワがあるのと変わらない程度かと思う。しかも、鼻の下を向いた面なので、普通に正面に向かった人からはそもそもあまり視線に入らない。座った人の前に立って相手が見上げる状態なら目立つかとも思ったが、これでも通常は部屋の照明が上からしか当たっていないので陰になって暗いために、わかりにくいようだ。結果として、相手にわざわざ言わないと誰も気が付かないくらいである。

装着してみた感じだが、まず息の通り具合は、普通にじっとしていると全くなんともない。ただし、私が普段外を歩くのに早足で歩くくらいの運動をすると、酸素を多く必要とするため呼吸量が増えるが、そうなるとこのフィルタを通して鼻だけで息をするには抵抗があるため苦しくなる。無意識にしていると鼻が詰まって息がしにくいときにするように口で息をしてしまっている。意識してちょっと無理に抵抗に逆らって鼻だけで息をすることはできなくもないが、結構鼻息の音がしているのではないかと思う。

鼻の中に異物が入ってる感じは、まあ結構する。しいて言えば、ちょっと汚い話だが、鼻クソがずっと鼻につまっている感じで、ついつい鼻クソをホジって鼻の穴をすっきりさせたい、という衝動にかられる。が、まあしかし全然我慢できないというほどのことはないので、一日中装着していても平気である。比較になるかどうかはわからないが、コンタクトレンズ (ソフト) とどっちが気になるかといえば、私はコンタクトレンズの方が気になるくらいだと思う。まあ、感じ方はコンタクトレンズでも個人差が非常にあるようなので、一概には言えないと思うが。

サイズはSmallとRegularと試してめたが、私はSの方がよさそうだった。

ここまで、見た目、装着感で言うと、私としてはこれは結構「アリ」だと思う。顔を覆うマスクをしなくていいのなら非常にありがたい。

さて、肝心の花粉遮断の効果のほどは、まだ花粉がそれほどたくさん飛散していないようなのでよくわからない。それから、いくらマスクをしていても鼻水や鼻汁が出てきて鼻をかみたいときは付けたままにできないので困ってしまう。一度外して再装着というのはダメだ。そのためには、別に、「ピットストッパー」という製品があるので、そちらもいずれ試してみたい。

ところで、パッケージに書いてある英語がちとひどい。

そもそもNose Maskあるいは鼻マスクという用語がどうかというのは別として、

99% is shut out pollen.
花粉(など)99%(以上)カット

Entering by 3 pieces
3個入り

Mask inserted in nose of not seeing
鼻に差し込む見えないマスク

Pit

コメントする

ダブル内視鏡初体験

今年は5歳おきの節目の年齢ということで、がん総合健診というのを受けてきた。先週の金曜日と今週の月曜日あわせて2日間のコースだが、1日目は血液採取等と、腹部の超音波と肺のCTスキャンで、検診2日目は胃の内視鏡と、大腸の内視鏡の2項目。もともと、あまり大きな病気になったりしていないので、今まで、こういう検診の機械にかかった経験は、CTとMRIと、まあ普通のX線くらいで、超音波も内視鏡も初体験である。まあ、超音波は、外からさわるだけなので、たいしたことはないが、胃と大腸の内視鏡は、やはり、身体の奥の方までモノを突っ込むということで、ちょっとゾッとしないでもない。そんなわけで、今回、ダブル内視鏡の初体験の感想など。

まずは、検診を受ける前に、大腸の中身をきれいに空っぽにするために、薬剤1.8リットルを1時間かけて飲んで、大腸内が全部きれいに洗い流されるのを待たないといけない。10分で300ミリリットルずつのペースで飲む。しばらくすると、トイレに何度か通うことになり、出てくるものが液体だけになれば準備OKとなるのだが、私の場合、出てくるペースが遅く、かなり時間が経ってもまだ中身が少し混じっている状態だった。追加で300ミリリットルを2回飲まされて、結局、薬を飲み始めてから3時間以上経ってからやっと検査に向かった。

まず先に胃の内視鏡からだが、最近普及してきた細い管で鼻から入れるタイプと、従来の口から入れるものと、どちらか選べるというので、それはまあ鼻からの方が楽だという話なので鼻の方でお願いした。そういうわけで、口から入れる内視鏡はまだ未体験だ。

事前の説明で、検査中は眼鏡ははずしてもらうと言われたので、強度の近視の私はメガネをはずすと細かいものは何も見えなくなるので、内視鏡で見ている画面も見せてもらっても、顔を画面の5センチ前まで近づけるわけにもいかないので、何もわからない状態になる。しまった、コンタクトレンズをしてくるんだった、と思ったが、実際に検査に入ってみると、「メガネはずしたら何も見えませんよねー」と言われて、すごくきつい近視だと言うと、邪魔にならなければ大丈夫だということで、メガネをかけた状態で検査してもらった。おかげで画面はよく見られた。

鼻から入れる内視鏡は噂通り、本当に楽だった。口から入れるのがどのくらい楽じゃないのかは、体験したことがないので比較できないが、とにかくまるで苦痛感はなかった。鼻の奥に管を挿入していくのは、耳鼻科の検査で器具を突っ込まれるのと同じだが、麻酔がかかっているので、ああ、入っていくなぁ、という感じ。あとはもう、画像を見ていてもレンズの先が自分の身体の中にあるという感じは全然せず、他人ごとの画像を見ているのとまるで同じ感じだった。

続いて、大腸。続けて検査するので、検査着に着替えるのは胃の前に着替えているのだが、検査着の下の方は、ちょうど中国の子供が穿かされているような、お尻の部分が開いたズボンになっている。もちろん、その下に下着のパンツは穿かずに着る。

胃の方はすんなり入って、すんなり出ていく感じだったが、大腸はぐるっと回っているのでそう簡単には行かない。盲腸の部分まで入れるのだが、少しずつ、少しずつ進んでいくので、結構時間がかかる。ものが触っている感覚があるのは肛門付近だけで、ちょうど堅い大便をしている感触がずっと続く感じ。奥の方はどこまで入っているかさっぱりわからないが、多少中で突っ張ったりすると、堅い大便が詰まっていて腹痛を感じるときのような感じがする。途中で進めやすいように、身体を上向けたり、横向けたりする。

と、まあ、そんな感じだが、特に不快な感じがするでもなく、検査終了。まあ、ひどい目にあうのは嫌だが、全然どうということもなくて、拍子抜けと言えば拍子抜けかもしれない。その場で言わなかっただけかもしれないが、特に問題も発見されなかったようだ。

コメントする

セブ島 (その7) ― Rejoice

フィリピンのおみやげを何か買おうと、Aさんに案内されて巨大ショッピングモール「シューマート」の中のスーパーマーケットで、Eさんがパパイヤの石鹸を物色している近くで、このRejoiceが並んでいるのが目に入った。日本では販売されなくなったリジョイの相当品だ。

以前の記事「リジョイと PERT PLUS」と「飘柔 – Rejoice」、そして昨年の北京ツアーの記事のうち「今回のThings To Do」の中の「飘柔購入」の項に書いたように、私は以前、シャンプーにリジョイを愛用していたが、それが日本で販売されなくなってしまった。アメリカ本国では、元のPert Plusという品名のものが売られているので、それに大きなボトルをまとめて海外通販で購入している。一方、アメリカでなくても日本以外のアジア圏ではRejoiceという名前で販売されているところもあって、中国では飘柔という漢字の名前もついて売られており、ジムに行くときに持っていく用に小さいボトルが欲しかったので、先日の北京ツアーに行ったときに買って帰ろうと思っていたが、買いに行く暇がなかった。

今回のセブ行きでは、海外で売られているかもしれないRejoiceを買って帰ることとか、全然頭になかったのだが、たまたま目に入ったので、ラッキーとばかりに買ってきた。

パッケージにはタイ文字も書かれている。裏面を見ると、製造がタイで、マレーシア、フィリピン、インドネシアでも販売されているということのようだ。Pert PlusではなくRejoiceになっていることからもわかるように、P&Gの製造・販売だ。

さて、帰国してみて実際に使ってみると、おやおや、何かちょっと違う。リジョイやPert Plusのように、パッケージの色と同じように中身の液体の色が緑色だと思っていたら、これは白っぽい色である。香りもえらくきつくて、これは東南アジア向けだからだろうか? まあ、これ1本使い切った後は、Pert Plusの大きいボトルから詰め替えて使うので、これはこれでいいということにしておこう。

コメントする

帯状疱疹

1週間ほど前から2度目の帯状疱疹が発症した。10年以上前に一度なったことがあるが、再発した。子供の頃にかかった水疱瘡のウィルスがずっと体内に潜伏していて、年をとって免疫力が低下してきたときに再び活動を始めるというのが帯状疱疹で、一度発症するともうならないと聞いていたのだが、中には2度、3度発症することもあるという。

この病気のことは、あまり家族でなったりもしていなかったせいか、自分自身は最初に発症したときに初めて知ったのだが、今回は帯状疱疹になったというと、かなりの人が結構心配してくれる。人によってはかなりひどい症状になるようで、そういうのを見聞きして知っているようである。

自分が最初になったときは、最初、脇腹に虫刺されのような発疹ができて、何か変な虫にでも刺されただけで、しばらくしたら治るだろうと思ったのに、何日かしても一向に腫れがひかないどころか、増殖してきたようだったので、妙だと思って皮膚科に診てもらいに行ったら、帯状疱疹というものだと説明された。それでも、比較的初期に医者に診てもらったので、あまりたいしたことにならずに済んだ。

今回は、前回の経験があるので、更に早く、発疹が現れた当日に、この形状は帯状疱疹に違いないと思った。実はその2日前からやはり帯状疱疹の症状である、鋭い痛みを感じていたが、これは何のせいかすぐにはわからなかった。しかし、発疹を見て、その痛みと合わせて、2度とならないとは聞いていたが帯状疱疹に間違いないと思って翌日の朝に会社を遅出にして医者に行った。

前回と同じく、抗ウイルス薬と、痛み止めと、塗り薬を処方された。あとは、症状がおさまるまで、薬を飲み続け、塗り薬を貼り続けるだけ。発疹自体はあまり何も感じないが、神経を刺激される痛みが、痛み止めを飲んでいても結構感じる。といっても、いてもいられないほどのことはないが。

まあ、日常生活に困るようなこともない程度だが、さっさと治ってくれるのを待つだけだ。

2件のコメント

白目が水ぶくれに

前の記事で書いた耳鼻科で花粉症の薬をもらった2日前、すなわち地震の前日には実は眼科にかかりに行っていた。その更に前日の夜に、目玉がそれはひどい状態になっていたからだ。

夜、風呂でシャワーを浴びている最中に目が痒いのでゴシゴシと手でこすってしまったのが原因だと思うが、風呂からあがってしばらくすると、どうもまばたきをするときに目に物がはさまっているような感触がするので、鏡で見てみると、何と、目の黒目の部分は普通のままなのだが周囲の白目の部分がぶよぶよにふくれたようになっている。周囲から黒目の方に覆いかぶさってくる勢いだ。写真も撮ってあるのだが、見る方も気持ち悪いだろうから載せるのはやめておく。

その夜はおさまる気配もなく、明日の朝に治っていなければ眼科に行かないといけないなと思いながら仕方なく寝た。朝起きても、腫れはおさまっていないので、午前中は会社に行かないことにして眼科に診てもらいに行くことにした。しかし、起きてから眼科が開く時間まで待っているうちに、だいぶ腫れはひいてきた。寝ている間は目を閉じているので治りが遅かったが、起きてからはずっと目を開いているので、回復が早くなったのか。

とはいえ、一度は本当にひどい状態になっていたのだし、今も普通に戻ったというわけでは全然ないので、やはり予定通り眼科に行った。

いつも行く病院は休診日だったので、はじめて行った眼科に行った、みなさん初めてのときは一通りそうするのか、診察の前に呼ばれたと思ったら視力の測定と眼圧の測定なんかをして、また待ってから、本当の先生に呼ばれた。

私は最盛期よりはかなりましな状態になっているとは思ったのだが、見るなり、いやぁーこれはひどいな、と言われた。白目が水ぶくれになっていますね、という。処方された目薬は、炎症を抑えるフルメトロン点眼液0.1%と、花粉症のアレルギー反応を抑えるリボスチン点眼液0.025%。これも効果絶大という感じで、その日のうちに目玉は正常になったし、これはエバスチンを飲み始める前のことだが、花粉症の症状でで目が痒いのだけはすっかりなくなった。実はエバスチンを飲んでいても、この目薬をさしていないと目の痒みは少しある。目薬も、普段は市販の花粉症用のものを使っていたが、感じられる効果はほとんど気休め程度だったのに比べると、効果の程は雲泥の差と思える。

こちらの目薬は適当な量しかくれなかったので、もう使いきってしまった。診てもらったときに、問題の白目の腫れとは関係なく、あなたの目はなんとかかんとかで問題があるみたいなことを言われて、そちらを診るためにこれが落ち着いたらまた来るようにと言われたのだが、そのためでなくリボスチンを処方してもらうためにまた行こうかとも思っている。

コメントする

花粉症: エバスチンOD錠

今年は、病院で処方してもらったこの薬を飲み始めてから花粉症の調子がすこぶる良い。全く症状がないといってもいいくらいだ。

今年も、いつものように市販のパブロン鼻炎カプセルSを飲んで過ごしていたが、また鼻の粘膜が炎症をおこしてしまっているような感じで、ちょうど地震のあった日の夜は、外を長い間歩いたせいもあってか、かなりつらい状態になっていたので、翌土曜日の午前中に病院の耳鼻科に行って診てもらった。

診察はそっけなくて、すぐに薬を処方してくれただけだが、いつもいつ頃くらいまで続きますかというので4月末頃までだというと、それだけの日数分の薬を処方してくれた。ひとつがエバスチンOD錠10mg、もうひとつはアラミスト点鼻液27.5μg。

エバスチンは眠くなるので1日1回だが就寝前に飲むようにと言われた。1回で丸1日効果があるのなら、就寝前に飲むというのもそんなに意味ない気もするが。まあ、そうは言っても飲んだ直後は作用がきついということか。実際に服用してみると、そんなに眠気は感じないようだ。1日1回飲むだけでいいので、薬を持ち歩かなくて済むのもありがたい。この薬を飲み始めて症状は劇的に改善して、すぐに花粉症の症状はほとんどなんともなくなった。副作用も、先述の眠気や、口や喉の渇きなどといったほかの薬と同様のことが書かれているが、実際はほとんど感じない。何もないときよりは鼻や喉が少しスースーするような感じがするといった程度だ。

それでもいつものように外出時はマスクをしていたが、先日マスクを持って出るのを忘れてそのまま外にいたものの、どうということなかったので、それ以後マスクの着用もやめてしまったがそれでも全然問題ない。もう、ほとんど花粉症のない状態に近いといっていいくらいだ。

以前も一度、病院の薬でよさそうだと書いたことがあるが、まあちょっといいかなという程度で、やはりわざわざ病院に行って処方してもらうのは億劫なのでその後もまた市販の薬を使っていたのだが、今回のは、本当にいい感じうなので、来年はぜひ花粉症シーズンの初めに病院に行って、同じ薬を処方してもらうようにしたい。

コメントする