2005年7月 のアーカイブ

ウェットスーツ出来

1ヶ月ほど前に注文しておいたウェットスーツが、先週出張から帰ってくる頃に出来上がっていたのを、取りに行って来た。

3mmツーピースという、前のウェットとは同じ構成とはいえ、下をシーガルからロングジョンに変えたり、表地をメッシュスキンにしたりしているので、前とは結構勝手の違うところもある。

着てみた見た目は、全身黒 (メッシュなのでグレーっぽい) で、玄人っぽく見えてよい。締まって見えるし。上着の裾のカットも形状もなかなかよい。寸法はだいたいほんの少しゆったり目につくるのだと言っていたが、まあ、ぴったりできていると言っていいくらいだ。少し肩と脇の部分が余裕があるみたいだが、あまりぴったりしすぎて動かしにくくてもなんなので、こんなもんだろうか。

ロングジョンにしたことと、表スキンにしたことで、少し心配していたのは脱着のし易さであった。今までのシーガルは背中のファスナーが腰まで開いたが、ロングジョンでは片方の肩のマジックテープではずしただけで首から脇までの開口部から胴体を全部通して着ないといけない。といっても、腰まで着るのはそれほどたいしたこともなかった。裏地はエアーストレッチという新素材で、これまでのジャージよりももっと滑りはいいようだ。腰まで着た後に、つながっている方
の肩を通すのが、ちょっときつい。マジックテープで止める側の肩の後ろの方が裏返ってはさまってしまって、うまく引っ張り出せなくてジタバタ (年とともに体が固くなって背中に手が回らない) したりもしたが、まあ全般的に言えばそんなに問題はなかろう。

着るより、脱ぐほうが少し問題か。今まで両面ジャージのウェットでしていたように足の先まで裏返しながら脱いで最後に足首を通すようにして脱ごうとすると、その前にウェットが団子になって動けなくなってしまう。スキンの面どうしが接触すると互いに滑らないせいだろう。幸い、裏地がよく滑るので、外から順送りに足先に向かってたぶらせるようにしてから踵を抜けば、楽に脱げるようだった。部屋で試してみただけなので、水に濡れているときはどうなのかよくわらないが、この素材の感触からすると、問題ないんじゃないかと思う。

上着の方は特に脱着もと問題ない。袖は脱ぐときに全部ひっくり返しても大丈夫だった。

いちおう、スキン地ということで、裂けたりしないようにとだけは気を使ってしまうのだが、スキンのウェットを着ている人って、どのくらい丁寧に扱っているもんなんだろうか?

さて、このウェットを着て潜りに行けるのはいつだろうか?

広告

1件のコメント

シリコンバレーにて

今回出張で行ったシリコンバレーにて。訪問した会社に、たまたま今回の仕事ではなく以前の仕事でお世話になった人がいたので、昼食を一緒して少し雑談した中で、自分が去年は中国出張していたという話をしていたら出てきた話。

彼の言うには、中国がこれからよい市場になると言う人に、中国に住みたいかときくと、自分で住みたはくないと言うのだと。逆に、中国市場はそれほどでもないと言う人が、中国に住みたいと言うのだという。不思議だ、と言っていた。

さて、どうだろう、当たっているか?

2件のコメント

ダイバーズウォッチの気密性

先週後半、短期で海外出張に行ってきた、その行き帰りの飛行機の中でふと思ったこと。

私の普段使っている腕時計は所謂ダイバーズウォッチである。見た目だけそれらしいデザインのものではなくて、本当に深い海中に潜っても水圧で中に水が入って壊れてしまったりしないようになっている、本物のダイバーズウォッチだ。ダイビングを始めた当初は、本当に潜るのに使っているものをそのまま日常生活の腕時計としても使っていた。しかし、最近は、ダイビングコンピュータというものを使って潜るので、機械式のダイバーズウォッチは不要になった。従って、本
物のダイバーズウォッチは、日常生活にだけ使っている。

さて、そのダイバーズウォッチ、耐圧構造になっているのだが、時刻や日付を合わせるリュウズの部分だけは、そのままでは耐圧にならないので、ツマミがネジ込み式になっている。耐圧になったツマミのネジを緩めてから引っ張ると、普通の時計のリュウズのように働く。もちろん、水中でこのネジを緩めてはいけない。

ところで、飛行機の中である。海外に行くので時差があって、時計を合わせるのはいつもその移動中の機内だ。今まで気にしたことがなかったのだが今回はじめて、ふと気が付いた。飛行機の中は、与圧されているとはいえ、巡航高度を飛んでいるときは、地表よりは気圧が低めになっている。私が時計の時差をあわせるのはいつも気圧の低い状態なのだ。そこで耐圧のネジ込みのリュウズをあけて、また閉じると、腕時計の中は1気圧より低くなったまま密閉される。するとその後は、小の月の翌月に日付を合わせるまで、ずっと内外に気圧差がかかったままなのかと。まあ、耐圧になってんだから、そのままで大丈夫なんだろうけど。

ということが、ちょっと気になってみたのであった。

コメントする

ラジオの時報音

日本ではおなじみの、3回低い音が鳴ってから高い音が1回、ちょうど×時0分0秒のときに鳴る、ラジオ (や、最近は減ってきたと思うが、テレビ) の時報音。中国でタクシーに乗って、かかっているラジオを聴いていると、低い音が4回鳴ってから高い音が鳴る。4つめに高い音が来ると思って待ち構えているのに、まだ低い音が鳴り続けて、私としては肩透かしを食らったような感触を受けた。

日本の時報音は低い方が440Hz、高い方が880Hzで、音階でいうと1オクターブはなれたどちらも「ラ」の音の正弦波の音。

中国で聞いた時報の音は、正弦波には聞こえなくて、もっとブザーみたいな音だったと思う。それとも、ラジオの音が悪いだけ?

一方、アメリカでは、時報をラジオやテレビでやっているのをあまり聞いたことがない。

2件のコメント

ミュージックバトン

chuanさんから、ミュージックバトンというのをいただいた。ミュージックバトンというのはこれまで時々はみかけてはいたものの、自分のところに回ってくるとはあまり思っていなかった。バトンをもらった人は、質問の答えを書いて、次に5人の人にバトンを渡して同じことをしてもらう。これって、一種のチェーンレターっていうか、ネズミ講っていうか、あんまりやっちゃいけないことなんじゃないの? って気がしないでもないのだが、うまく金儲けができると騙しているわけでもないし、ガセネタを流布しているわけでもないので、まあ気にしないことにしておくか。

【ミュージックバトン】

【質問1】PCに入っている音楽ファイルの容量は?
3GB余り。語学CDは含めず。

【質問2】今、聴いている音楽は?
今は何も聴いてない。

【質問3】最後に買ったCDは?
涙そうそう / 夏川りみ

【質問4】よく聴く、または特別な思い入れのある5曲は?
展覧会の絵 / ムソルグスキー・冨田勲
Eternal Flame / Bangles
I’ve Never been to Me / Charlene

城裡的月光 / 許美靜
Que Sera, Sera / Doris Day

 【質問5】次にバトンを渡す5名
あまり友達いないので困ってしまう。ここでコメントを何回かいただいた方を選んでおこう。(敬称略)

中国・台湾の人 (出身、在住) ばっかりだ。

6件のコメント

マレーシア

いつも、アクセスログに残っている検索エンジンからのアクセス記録を、自分のblogがどんなキーワードで発見されているのかと、興味深く見ている (といっても、ほぼGoogle以外は文字化けしてしまう) が、2日ほど前に (たぶん) 初めて海外の検索エンジンからのアクセスがあった。マレーシアのGoogleからだった。シングルバイトなら文字化けしないからGoogle以外でも構わなかったのだが。ちなみに、マレーシアからの検索のキーワードは、前に名前の話の説明の例に使った Wang Xin Ling だった。マレーシアでも有名らしい。中国ではCDを見つけるのにも苦労するくらいだったが。

7件のコメント

ドライヤー

今日、スポーツクラブに行ったときのこと。

お風呂をあがった後に使う洗面台で、髪を乾かすドライヤーで、足の指の間を乾かしている奴がいた。おまけに股間 (のヘア?) まで…(熱くないのか?) 直接触れるわけではないといっても、みんなが頭を乾かすものなのに、いくらなんでも。勘弁してほしい…

ところで、msn spaces のエディタが変わってからだと思うが、三点リーダー「」を入力すると、普通は上下の真中に点が3つ並ぶはずなのに、編集中の画面では、下の端に点が並ぶ。デフォルトで使用されるフォントのせいみたいだが、MSゴシックでは真中なのにMS明朝では下だ。MS明朝を普通のアプリで使うと当然真中に表示されるのだが。なぜ? 編集画面でなくてできあがった画面では問題ない。どうも、FireFoxではそうだが、IEだと問題なさそう。ますますよくわからない。

3件のコメント