2018年7月 のアーカイブ

Celestron EdgeHD800ファーストライト

前の記事に書いたような経緯で、7月11日にまず鏡筒とTアダプタが届き、7月13日に少し晴れ間が出て火星が見えたので、AVX赤道儀を組み立ててEdgeHD800を載せ、ファーストライト。しかし晴れ間が続かず、眼視の後ASI290MCで撮影しようと準備していると曇ってきて見えなくなってしまった。下の写真はせっかく準備したのに火星が写っていないの図。

EdgeHD 800 + Advanced VX

7月16日に再度火星が見えて、今度は急いで撮影の準備をして、無事撮影できた。下は鏡筒の先の空に見える火星と、モニタ画面に写っている火星の図。

EdgeHD 800 + Advanced VX w/ Mars

しかし、この日はあまりうまい撮れ具合ではなかったので、記事のタイトルはファーストライトとなっているが、ここに載せるのはその次に撮影できた7月19日のものにしておく。

Mars
Mars 2018/07/19 22:54 ZWO ASI290MC, Celestron EdgeHD 800 (D203mm f2,032mm F10), Celestron X-Cel LX 3x Barlow Lens, ZWO ADC, ZWO UV/IR Cut Filter, FireCapture2.6, AutoStakkert!3, Registax6, PhotoShop CC, Trimmed.  Duration=180s, Shutter=15ms, Gain=320 (53%), 50% of 4,783frames

火星はかねてからの砂嵐で眼視ではほんのかすかにしか模様がわからない程度だが、多少砂嵐が晴れてきたのか、機材がよくなったせいか、画像処理後の画像はそこそこ模様が細かいところまでわかるようになった。砂嵐はもっときれいに晴れてほしいところだが、これで大接近が撮影できるようになって以前に比べるとかなり進歩した。

掲載している画像は、互いに比べたりできるように、基本的には同じ条件で撮ったものは同じ大きさにトリミングするようにしているが、望遠鏡の焦点距離が長くなったために、撮影される画像も大きくなったので、トリミングするサイズも大きくしたが、そのままdot-to-dotのサイズで載せるとちょっと大きすぎてアラも目立つので、文中の画像では半分に縮小したものにした。

長い間、NexStar 5SE + EOS 60Dで撮っていてその間はずっと変わらなかったのだが、ここ最近になって、カメラがASI290MCに変わり、ADCを挿入してバローの拡大率が変わり、鏡筒が変わり、で画像の大きさがバラバラになってしまった。ちょうど火星の大接近で近づいてきながら見かけの大きさが変化する様子を比較する、みたいなことがやりにくくなってしまった (それぞれ正しい倍率で変換すればいいのだが)。機材の変遷を見てみると、

  • NexStar 5SE + 8-24mm Zoom Eyepiece (8mm) + EOS 60D
  • NexStar 5SE + 3x Barlow + ASI290MC
  • NexStar 5SE + 3x Barlow + UV/IR cut filter + ASI290MC
  • NexStar 5SE + 3x Barlow + ADC + UV/IR cut filter + ASI290MC
  • EdgeHD 800 + 3x Barlow + ADC + UV/IR cut filter + ASI290MC

今後、火星が離れて小さくなっていく間は、機材の構成は変えないようにして大きさの比較ができるようにするか。

ファーストライトはいきなりの惑星の拡大撮影をしたが、セカンド撮影のこの日は実は惑星の撮影の前に、直焦点の撮影もしてみた。焦点距離1,250mmのNexStar 5SEではAPS-Cサイズのカメラで月 (や太陽) がちょうど画面いっぱいに少し余裕を持っておさまるので具合がよかったのだが、今度のは2,032mmもあるので、APS-Cサイズのカメラでは思いっきりはみ出てしまう。たまたま半月少し前だったので、縦位置にするとぴったりおさまるという結果になった。

Moon
Moon 2018/07/19 20:18 Canon EOS 60D, Celestron EdgeHD 800 (D203mm f2,032mm F10) prime focus, ISO400, 1/30sec, Photoshop CC

ここで、セット価格で安く購入できた0.7xレデューサの登場。遅れて納品と言われていたレデューサも、この時点で既に届いていた。これでNexStar 5SEに比べて1.6倍になった焦点距離を0.7倍にして、合計で元の1.12倍となって、これまでとあまり変わらなくなる。今度は横位置で撮っても大丈夫だ。いつもは月の画像はそこから一辺が元の短辺より少し短い正方形にセンタリングしながらトリミングしていたが、こちらは余裕がほとんどなく、特にスーパームーンなど月が大きく見えているときは、ほとんどトリミングする余地がないか、もしかしたらはみ出てしまうかもしれない。ここではトリミングせずにそのまま載せておく。

Moon
Moon 2018/07/19 20:31 Canon EOS 60D, Celestron EdgeHD 800 (D203mm f2,032mm F10), 0.7x Recucer Lens, prime focus, ISO400, 1/60sec, Photoshop CC

せっかくしっかりした赤道儀に載せるようになったのだから、月・惑星だけでなく、長時間露光が必要な天体の撮影も試したいところで、まあ追い追いやっていこう。

1件のコメント

Celestron EdgeHD800 購入

EdgeHD800

やっと話の順番が回ってきたが、新しい鏡筒、Celestron EdgeH800を購入した。これは今から2週間ほど前の話。

まず話は戻るが、AVX赤道儀が届いてからは、とりあえずNexStar 5SEのC5鏡筒を外して載せて試しに使っていたが、春先の天候の悪い時期でなかなか使う機会も少なく、月や惑星を見るだけならわざわざ赤道儀に載せないでNexStar SE架台のままでいいので、それほど稼働していなかった。

梅雨が早めに開けると、今年はちょうど惑星のシーズンとなり、少し前の記事に書いた通り、昨夏に買ってあったASI290MCが稼働しはじめた。ここではまだNexStar 5SEで経緯台自動追尾で使っている。しかし、これまでEOS 60DとCelestronズームアイピース使用の拡大撮影で撮っていたよりも少しいい画像が撮れるようになって、これで鏡筒がいいものならもっとよく撮れるのになぁと思うようになってきた。だんだん火星大接近の時期も近づき、ぜひそれまでに手に入れたかった。

実は、もちろんAVX赤道儀購入時には先々大きな鏡筒を買って載せるつもりでいたし、次に買うとしたら値段的にも大きさ的にもこの鏡筒のつもりでいた。もし赤道儀とセットで安く売っていれば一緒に購入したのだが、通常価格では赤道儀とのセット品は、単純に別々に買った場合の合計と同じ値段だったので、まずはキャッシュバックキャンペーンで赤道儀だけ買って、鏡筒はまた別のセールのときに買おうかと思っていた。買うならトラブルがあったときの相談に直接店舗にも行けるしセレストロンの代理店のシュミットでと思っていたが、EdgeHD800はAVXの場合と同じように品切れ状態で、こちらの方が長く品切れ状態が続いていた。そんなわけでセールがあっても対象品にならない。入荷連絡メールの登録もしていたが、一向に連絡はこないという状態が続いていた (現在も在庫切れのまま)。

さて、それでも入手できないかと、USのAmazonから直接買ったらどうかとか思ったが、送料を勘定に入れるとむしろ高くなってしまいそう、などと調べているうちに、KYOEIにEdgeHD800鏡筒に専用レデューサとTアダプタのセットで、どういうわけか鏡筒のみの値段より更に安い値段が出ていた。写真を撮るのにどのみちTアダプタは絶対必要なので買うはずだったし、レデューサは単品では結構な値段がするので、鏡筒を買ったとしてどうしたものかとは思っていたが、これ込みで鏡筒のみの価格より安くなるのだから、これはとてもお買い得。ただし、この時点で7月の頭だったが、7月中旬入荷予定となっていた。

更に探していると、名古屋のショップ、スコーピオでも同様のセットが同じ価格で出ていた。こちらは入荷予定とはなっていなくて、即注文できそうだった。それで、意を決してこちらで注文。注文してみると、帰ってきたメールの返事で、鏡筒はすぐに納品できるがレデューサのみ遅れて納品となるという。まずは惑星撮影に使えればいいので全然問題ない。

ここまでの経緯を長々と書いてしまったので、使用感などはまた後の記事で。

コメントする

Celestron CG-5/AVX/CGEM極軸望遠鏡

極軸望遠鏡

AVX赤道儀が届く前に、PowerTank Lithiumと一緒に注文したものがもうひとつ。AVX赤道儀用の極軸望遠鏡。セレストロンの他の赤道儀CG-5やCGEMとも共通らしい。AVXには自動導入の機能の中にポーラーアライメントといって、極軸望遠鏡を使わずに極軸の向きを合わせる機能があって、北極星の見えない南向きのベランダででも極軸を合わせられるのだが、そうはいっても北極星の見える場所では極軸望遠鏡で極軸を合わせられた方がいいだろうと、あまり値段が高くないこともあり、購入しておいた。

極軸望遠鏡の取り付け(1)

極軸望遠鏡を取り付けるには、まず北極側のフタを外す。このフタはプラスチックの弾力ではまっているだけで、押さえる力が弱くてすぐに外れてしまうのでなくさないように気をつけないと。

極軸望遠鏡の取り付け(2)

中を赤緯軸が貫通しているので、赤緯軸の向きによっては穴がふさがっている。赤緯軸を回転させて赤緯軸にあいている穴が極軸を通して見えるようにする。

極軸望遠鏡の取り付け(3)

次にお尻側。

極軸望遠鏡の取り付け(4)

こちらのキャップはネジ込み式になっているのを外す。

極軸望遠鏡の取り付け(5)

中にある取り付け口に極軸望遠鏡をネジ込む。

極軸望遠鏡の取り付け(6)

完成。

装着したままキャップは閉められるので、使用のたびに付け外しする必要はない。

北極側から覗いてみると、極軸望遠鏡のレチクルが裏返しに見える。

極軸望遠鏡の取り付け(7)

正しい方向から覗くと、レチクルの図柄はこんなもの。

極軸望遠鏡レチクル

北斗七星とカシオペヤが描かれているが、極軸望遠鏡の視野にこれらの星座が見えるわけではなく、北極星位置パターンの回転方向を合わせる目安として、これらの星座の見えている向きに合わせるというために描かれているもの。ポラリエに買った初代の極軸望遠鏡などでは、日付と時刻の目盛がついていて、星座早見盤のようにして合わせてその正しい向きにセットするようになっているが、これにはそういう目盛板がついていない。そのへんが値段が安いわけか。まあ、だいたいでしか向きが合わせられないが、まあその程度の精度ということか。レチクルには北極星の位置の歳差運動目盛もないし。ちみなに、南半球では、はちぶんぎ座のパターンを見たとおりの向きにして合わせる。

で、パターンを回転させてみようと思ったら、これが動かない。望遠鏡は赤道儀にしっかりネジ込んだらレチクルのパターンは極軸望遠鏡に固定されていて動かない。赤道儀は固定したままパターンだけ回転させられるようになっているものだと思ったが、そういう機構がついていない。パターンを回転させるには赤道儀の赤経軸ごと回転させないといけない。ということは、季節によっては望遠鏡を載せる側が下に来てしまうこともあるので、望遠鏡を載せたまま極軸合わせができないということになる。

極軸を合わせた後に望遠鏡を載せたのではまた向きが多少狂ってしまうこともあると思うが、まあそこまでは考えていないということか。ポーラーアライメントがあるので、そちらでもっと追い込めばいいのか。最初からポーラーアライメントを使えば、やはりそもそも極軸望遠鏡はあまり必要なかったか。

最後についでに書いておくと、ピント合わせは、接眼部を回転させるとレチクルパターンの見え方のピント。奥の方のロックリングを緩めて筒を回転させると、星の見え方のピント合わせ、となっているようだ。また、軸のセンターを合わせるために、周囲に120°間隔で3つのイモネジがついている。視野照明がないので、暗いところではレチクルのパターンが見えないので、北極星側の口からライトで軽く照らさないといけない。

コメントする

Celestron PowerTank Lithium

PowerTank Lithium

赤道儀購入にあたって、赤道儀本体だけ買っても動かせない。NexStarは内蔵の乾電池(充電池)で動いたが、普通の赤道儀は外部に電源をつながないといけない。少し前までならポータブルの鉛バッテリーなんかが使われていたようだが、最近はリチウムバッテリーの小型で軽いものが出てきている。いずれ、同時に他にも色々な機器を使うのにも供給したりするなら容量の十分なもので、このあたりなんかがいいのではないかと思っていた。

suaoki ポータブル電源 S601 20000mAh/220Wh/11.1V ソーラーチャージャー キャンプ 防災グッズ 停電時に

が、最近CelestronからPowerTankのシリーズにリチウムバッテリーのすごく小型のものが発売になっていて、少々お値段は張るがなかなかいい感じなので、まずは自宅でちょこちょこ使う分には容量がそんなになくても小型で手軽なのがいいだろうと思って、これを購入した。

Celestron PowerTank Lithium

品切れ中だったので予約注文した赤道儀の入荷が確定した連絡が来た時点で注文して、こちらが先に届いた。

容量的には、86.4Whということで、旧来のPowerTankシリーズの小さい方とほぼ同じ容量。

リチウムバッテリーといっても、どうも一般に使われているリチウム2次電池とは組成の違うものらしい。LiFePO4と書かれていて、リン酸鉄リチウムイオン電池ということだが、あまり詳しくないのでよくわからない。

見た目がちょっとバッテリーとは思えない形状で、大きさ的にはスポーツドリンクの粉末を溶かして入れるスクイーズボトルよりも一回り小さいくらいの感じか。ベルクロのついたベルトで三脚の足に抱きつかせておくことができるので邪魔にならない。家でベランダなどで使ってまた部屋にしまうだけのときは、赤道儀のハンドコントローラのホルダともども、三脚の足に取り付けたままで足を畳んで片付けても邪魔にならないので、余計な荷物をひとつ余分に運ぶ手間が省けてうれしい。

側面には、面状に並べた、明るさの段階の調節ができる赤、白のLEDライトもついている。USB電源も1Aと2.1Aの口がひとつずつついている。12Vのコネタクは赤道儀の本体側のコネクタと同じものがついていて、大きなシガープラグを挿さなくていい。

操作ボタン、インジケータ、USBコネクタは上部の軟質プラスチックの蓋を開けた中に入っているが、12Vのコネクタだけ上部側面に真横から挿すようになっている。

この記事を書こうと思って少し検索していたら、日本ではまだ輸入販売されていないようだが、PowerTank Lithium Proという、似た形状で容量がほぼ倍のものも発売されているようだ。ふたつつなげてひとつにしました、という感じ。こちらは車用のシガープラグも挿さるようだ。

コメントする

Celestron Advanced VX 赤道儀購入

このところ、主に惑星撮影に使うUSB接続のCMOSカメラASI290MCと、それ用の最近購入したアクセサリー類の話題を続けてきたが、ASI290MCそのものと同様に、しばらく前に購入していながらこのblogで紹介していなかったのが、CelestronのAdvanced VX赤道儀。赤道儀を自分で所有するのは人生初である。

ずっとNexStar SEの自動導入経緯台を使っていたが、やはりゆくゆくは赤道儀が欲しいとは思っていたものの、NexStarでもまがりなりながらそこそこのことは色々できるし、なかなか購入に踏み切るには至らなかった。

きっかけは今年の1月の皆既月食で、そのときの記事に書いたように、月が天頂近くに来たときに追尾がうまくできなくなった。やはりここは限界があるなと思って、赤道儀購入に動き始めた。

機種の選定はあまり悩まず、以前から買うとしたらこのAdvanced VXだろうと思っていた。もっと高価なものはとても手が出ないし、かといってこれより下のクラスではせっかく赤道儀を買うのに少々心許ないところもある。コストパフォーマンスでいえば抜群だろう。コントローラの操作は同じセレストロンなので基本的な同じなのもいい。発売になってからもう5年以上になるし、去年に上位機種が揃ってモデルチェンジしたこともあって、こちらもそろそろモデルチェンジするのならそれを待とうかとも思ったが、結局まだ同じモデルのままだ。

もともとどうせ買うなら、何かセールで安くなっているときと思っていたが、ちょうどシュミットの赤道儀1万円キャッシュバックキャンペーンが行われていた。ところが、対象製品のうちAdvanced VXは品切れとなっていた。それでも、期間中に注文してもらえばキャンペーン対象とするというので、期間終了ギリギリに注文した。キャンペーンは普通に購入したあと、自分で申請を出してキャッシュバックをもらうものだが、実際にモノが入荷して届いたのは、その受付期間が終了してしまった後の3月末だった。応募要項には「※1日でも過ぎた消印では無効となります。」などと書かれていたが、期間中に注文したら対象になると聞いたから注文したわけで、強気で申し込んだら、ちゃんとキャッシュバックが届いた。郵便為替か何かで届くのかと思ったら、本当に現金書留でキャッシュが届いた。

Tripod Legs: AVX & NexStar SE

さて、現物が自宅に届いて梱包から取り出して最初に感じたのは、三脚が太いこと。デザイン的には、NexStar SEの三脚と似た感じだし、NexStarの三脚も十分しっかりしているので、同じようなものかと思っていた。Advanced VXの実物も店頭で見たことはあったが、わざわざ比べてみないとそんなに太いという感じはしていなかったのだが、自分の部屋の中でNexStarと比べてみるとずいぶん違う。測ってみると、NexStarの三脚が直径38mmなのに対して、AVXは50.5mmあった。また、三脚の開きの角度が広めでより安定感がある感じだ。伸縮部を締めるネジのツマミが、NexStarは内側にあるのに対し、AVXは外側にある。この方が三脚を閉じたときにツマミ同士がぶつかってネジが歪んでしまう心配をしなくていい。そのかわり、外のものにぶつける可能性は高いのかもしれないが。

赤道儀取り付けネジアイピースホルダー

赤道儀の取り付けは、一般的な赤道儀同様、三脚の上に赤道儀本体を載せて真下からネジで締め付けるのだが、NexStarの三脚と同様に三脚の開き固定板兼アイピースホルダを取り付けるための棒が、その赤道儀の取り付け用のネジから更に下に伸びている。赤道儀を取り付けないとこの固定版を固定できないわけで、三脚の開きが固定されないまま赤道儀を載せるという手順になって、ちょっと妙な感じだ。この固定版はNexStarのものと全く同じで、NexStarの簡易赤道儀モードのための傾き支持棒を通すための溝もついたままだ。NexStarではこの板と押さえネジの間に太いスプリングが入っているが、こちらにはないのは何の違いだろうか。

ツノ

三脚の頂部についている、極軸の方位の微動のための突起。最近、某所で某メーカーのもののこの部分が簡単に壊れてしまうと話題になっていた。一般的には三脚の足の出てる方についといるのかと思うが、これは足と足の間の方向についている。逆に、足の方向の方にもネジ穴はあいていて、そちらが好みなら取り付け替えられるとマニュアルに書いてある。更に、サイズの違う赤道儀に対応するためか、少し内側にもやはり足の方向と足の間の方向に穴が開いているが、こちらはネジが切られていない。この突起は某話題のものと違い、円柱ではなく角柱になっていて、根元でロックナットでしっかり固定するようになっている。

極軸方位微動ツマミ極軸方位微動ツマミ

その突起を両側から挟んで極軸の方位の微動をするためのツマミ。他のツマミもそうだが、握るところが結構長いデザインになっているので、本体から左右にずいぶん飛び出る。収納時には邪魔になるので、このツマミは全部抜き取ってしまわないといけないが、そのためにはずいぶんネジを回す必要があるのでちょっとわずらわしい。

極軸仰角微動ネジ

極軸の仰角を調節するネジも、こちらは重さを支える必要があることもあってネジが太く、つまみはもっと大きい。こちらも特に南側のものは非常に飛び出しているが、これを全部ネジを回転させて抜き去るのはとても面倒なので、赤道儀の厚み方向に飛び出ているわけではないので、こちらは収納時もそのままにしておく。

赤緯モーター用ケーブル

赤道儀の主要部分から赤緯モーターへの接続が、わざわざモジュラージャックになっていて、短いカールケーブルでつなぐようになっている。これはつけっぱなしにしていていいのか、いちいち取り外した方がいいのか。

ハンドコントローラ パソコン接続端子

ハンドコントローラはNexStar SEのものと全く同じ “NexStar+” のように見えるが、パソコンとの接続端子がRS-232CではなくUSBになった新しいタイプ。実は、最近のNexStar SEもこのタイプのコントローラになっているというのは聞いて知っていたのであまり驚かなかった。写真は、左がAVX、右がNexStar SEのもの。パソコンと接続するのに、シリアルUSBアダプターを使わず、USBケーブル1本で接続できる。

コントローラホルダ

コントローラを使わないときは、NexStarの場合は架台のフォークの背中にはめ込むところがあって、そこにセットしておくのだが (なかなか扱いにくい)、そういう場所のない普通の赤道儀のためにはこんなホルダーがついている。プラスチックの弾性で三脚の足にはさみ込んで使うのだが、足をはさむ部分のプラスチックはずいぶん厚くて固く、はめ込むときに割れてしまうんじゃないかと思うくらいの力を入れないとはめられない。毎度毎度付けたり外したりしていると本当のすぐに壊してしまいそうなので、とりあえず家の中で保管している分には、取り付けたままで三脚を畳んで置いておくことにした。

ウェイト

バランスウェイトは5kgのものが1つついてくる。取り付け用のネジのツマミは大きくてしっかり力を入れて締められていい。その部分が少し平らにしてあるのと同様にちょうどその反対側も平らにしてあって、転がらずに縦に床に置けるので便利。軸を通す穴を中心に円形の窪みも、単なるデザインではなく、手に持つときに窪みに指をかけて持ちやすくなっていて、とてもいい。

Advanced VXAdvanced VX

しかし、NexStar 5SEに載っているC5の鏡筒をこのAVXに載せてバランスを取ろうとすると、ウェイトの取り付け位置をめいっぱい赤道儀側の赤経モーターのカバーに当たるギリギリまで寄せても鏡筒の方が軽くて、バランスが取り切れない。この鏡筒で正確にバランスを取るにはもう少し軽いウェイトが必要なようだ。まあ、カメラを加えればちょうどいいくらいかもしれない。カメラを付けた場合に鏡筒の前後のバランスが取れなくなるのは、鏡筒のレールの端の位置の問題なので、NexStarの架台の場合とあまり事情は変わらない。

もう少し重い鏡筒を載せたときに、写真より少し離れたところにウェイトを取り付けると、極軸の仰角調整用のツマミにウェイトが当たってしまうようでよろしくない (設置する緯度による)。もっと径の細いウェイトを使うか、軽いウェイトを離れた位置に取り付けないといけなさそうだ。それよりもっと重い鏡筒ならこのウェイトでバランスの取れる範囲までは大丈夫だ。

コメントする

プラレアリウム巡り ― 達成報告

プラレアリウム33箇所巡りは、33箇所目の記事の最後に書いた通り、明石市天文科学館に33箇所達成の報告をしに行かないといけない。ただ報告のためだけに明石まで足を運ばないといけない。しかも、後に書く通し番号のこともあるので行く時期を見計らわなければならないのだが、大阪の星カフェSPICAさんの7周年の記念パーティーが7月15日にあるというので、それに合わせて行くことにした。予定を決めてからわかったのだが、ちょうど夏休み前の海の日の連休でもあることからか、プラネタリウムの番組はシゴセンジャーが設定されていた。明石には何度か行っているが今までシゴセンジャーの本物を見たことはなかったので、これもちょうどいい。

朝イチで明石に到着して、すぐに時間なので第1回の通常投影を見て、2回めがシゴセンジャーだが、第1回を終了して外に出たらもうたくさんシゴセンジャー回の投影のために行列ができているのでそのまま並んで、シゴセンジャーを見る。その終了後、やっと時間ができて1階の受付で達成の報告。これまで、11館目、22館目でも報告していてそこまでの達成のバッジはもらっているので、今回は23館目から33館目の分のリストとかかった費用などを記載した報告書を提出。33館達成のバッジをもらう。達成証は後で郵送されるとのこと。バッジにはそれぞれ最初のうちだけ通し番号が振られていて、11館バッジはNo,11まで、22館バッジはNo,22まで、33館バッジはNo,33までとのこと。私がこれまでもらったバッジは、11館のものはNo,なし。22館は結構ぎりぎりでNo,21だった。33館バッジは既にNo,30が発行されていることはわかっていたので、またぎりぎりの番号のものがもらえるか、既に過ぎて番号なしになっているか。できたらちょうど最後のNo,33が欲しいところだったが、もらえたのはひとつ前のNo,32だった。まあ、22館のときも最後からひとつ前のものだったから、それでいいか。

プラレアリウムバッジ

後で聞いた話で、この日のうちにNo,33の達成報告者が現れたとのこと。微妙な時間差だったようだ。

この後、夕方からのSPICAのパーティーまでは時間があるので、たまたまシゴセンジャーの回に来ていて一緒になった知人と、湯浅光則という人の星景写真展を見に行き、その後SPICAへ。そちらでも、また関西の知人に会い、関西以外からSPICAパーティーに来た知人に会い、新しく幾名かの方々と知り合いになった。楽しいプラレア報告の旅であった。

プラレアリウム巡りはまだこれでは終わらず、9月1日にイベントが予定されているので、また行かなければならない。

コメントする

ASI290MCで惑星撮影 (その6) ― ADC(大気分散補正プリズム)

ASI290MCでの撮影のオプション機材追加の話題はまだ続く。今回は以前の記事でも少し触れたADC (Atmospheric Dispersion Corrector: 可変式大気色分散補正ウエッジプリズム)。地上から惑星撮影のように天体を極端に高い倍率で拡大して見ると、大気層を光が斜めに通ってくる際に屈折してその屈折率が波長によって異なるために、惑星の像が色によって位置がズレて見えてしまうのがわかる。特に高度が低いときに顕著になるが、今の時期木星、土星、火星はいずれも黄道が赤道よりも南側にある領域にあって、南中したとしてもあまり高度が高くならないので、この色のズレが大きいということになる。

RegistaxにもAutoStakkert!にもパソコン上でRGBの3原色のデータになったものの互いの位置のズレを推測して補正する機能があるので、これで画像上の見た目の色ズレ感はほぼ解消できるが、RならRとして記録されている波長の範囲内で短いものと長いものではやはり違う位置に像を結んでいるわけでその分だけ画像データ的には同じ色でもボケた画像になってしまっているはずである。

ADCは大気によるわずかな屈折角のズレを元に戻す程度の非常に角度の浅いプリズムを2枚重ねてつくってあり、それらをの重ね合わせる向きを互いに回転させることによって、合成したプリズムの角度を可変できるようにしたものである。これで波長に対して連続的に補正ができるのでほぼすべての波長で元の位置が同じものは同じ位置に見えるようにできるはずということになる。

惑星撮影の標準装備として、長焦点望遠鏡、バローレンズ、ADC、惑星撮影用カメラ、というのが一般的な構成なのだが、上記のソフトウェアの機能によって、ADCはなくてもまあなんとかごまかせるし、こまかし切れないボケが気になるほど鮮明な画像が撮れるほどでもないだろうということで、まず最初にカメラとバローレンズを購入したときには購入しなかった。しかし、やはり実際に撮影を始めてみると、EOS 60Dで撮っていたものよりは結構よく撮れるし、いずれ鏡筒もいいものにグレードアップしたときにはきっと必要になってくるということも見越して購入したくなってきた。

手頃な価格で、性能も特に問題なく、定番になっているのがやはりZWO社のものだったが、今年の頭くらいにだったか、これまでは水準器がついていなかったのが、水準器がついたバージョンにモデルチェンジした。これはカメラと一緒に買っていなくてかえってよかったのかもしれない。ところが、いざ購入しようと思ったら、火星大接近が近づいてきたせいか、どこの販売店でも品切れとなっていた。惑星撮影用品の扱いでは老舗なエリクトリックシープや、馴染みのある販売店で比較的最近扱いだして自分がカメラを購入したKYOEIなどがみなまだ7月入荷予定という火星大接近にぎりぎりどうなのという入荷予定になっている中、ある日、スターベース東京の通販サイトの表示が「在庫なし」でなくなっているのを見つけて、急いで注文した (今日現在また在庫なしになっている)。

ADCを実際に使う状態が下の写真。これを望遠鏡のアイピースを挿すところに挿す。色々接続するとどんどん長くなってしまう。

Camera, ADC, Barlow Lens

さて、急いで入手したものの、しばらくお天気が悪くて1週間ほど待ったが、火星が見えた日に、シーイングはそれほどよくなかったし相変わらず火星表面の砂嵐はおさまっていないようだが、ADCありなしの比較撮影をしてみたが、どうも結果にびっくり。まずは写真を。最初がADCなしで、後がADCあり。

Mars w/o ADC
Mars 2018/07/09 23:05 ZWO ASI290MC, Celestron NexStar 5SE (D125mm f1250mm F10), X-CelLX 3x Barlow Lens, AutoStakkert!3, Registax6, Trimmed. Duration=180s, Shutter=15ms, Gain=237 (39%), 10% of 11,706frames

Mars w/ ADC
Mars 2018/07/09 23:23 ZWO ASI290MC, Celestron NexStar 5SE (D125mm f1250mm F10), X-CelLX 3x Barlow Lens, ZWO ADC, AutoStakkert!3, Registax6, Trimmed.  Duration=180s, Shutter=15ms, Gain=290 (48%), 10% of 11,111frames

まず、撮影時からすぐにわかったのは同じ鏡筒、同じバローレンズ、同じカメラを使っているのに、画像のサイズがずいぶん違うこと。これは「その2」の記事のバローレンズのところでテレセントリックが云々と言っていた件で、これまではバローレンズに直にカメラを接続していたのに対して、ADCはバローレンズとカメラの間にはさまる形になる。バローレンズからカメラまでの距離が変わることにより、このバローレンズでは拡大率が変わってきてしまうということのようだ。

FireCaprureでは、撮影した画像のサイズと実際に見えるはずの天体の大きさから、撮影した光学系の合成焦点距離を推算した値がログファイルに記録されている。それを見ると、ADCなしではおよそ4,800mm前後の値なのに対して、ADC使用時は6,500mmくらいの値になっている。本来は、鏡筒の1,250mmにバローレンズの仕様では3倍で、3,750mmのはずだが、それよりずいぶん拡大されている。

像が大きくなったことで、解像度の高い画像が得られてうれしい反面、面積あたりの光量は減ってしまうため、画像としては少し暗くなるので、適正露出にするために、Gainの値を少し上げる必要があった。大接近中の火星はとても明るいので、その点では問題はないが、暗い目の土星などの場合は光量的にはあまりうれしくない。ともあれ、このバローレンズを使う以上、このようになる。

ところで、実際の色ズレはどうかというと、ADCなしの画像ではRegistaxにRGB Alignをやらせると、R: +3、B: -4 ドットのズレになっていた。ADCを使用した場合は、補正量をどれだけきっちり合わせられるかによるのだが、多少補正ズレは残るだろうから、ADCで補正済の画像にやはりRegistaxのRGB Alignをかけると、修正量は、R: +1、B: -1だった。そして、各色内で波長の違う光の結像位置のズレによるボケが減っているかどうかは、画像を見ても実はよくわからない。

しかし、画像が大きくなったことによってなのかもしれないが、火星表面の模様はADCなしの場合よりとてもよくわかるようになっていると思う。画像の強調による擬似輪郭の出方が、画像全体のサイズが大きくなって目立ちにくくなっているのではないかとも思う。本当は、もっと細かい模様がくっきり見えるような条件のときに撮って比べたいかったところではあるが。

これまで惑星撮影時には大きさの比較がしやすいように、どの惑星を撮ったときも同じ画像サイズにトリミングしていた。EOS 60Dで撮っていたときはそれしかなかったので問題なかったが、ASI290MCで撮るようになって、EOS 60Dで撮ったものと直接比較できなくなった。前回の中接近のときはこのサイズだった、とかできないわけである。画像も少し大きめなので、トリミングするサイズも大きくしたが、ここにきてADCを使うとまたサイズが違ってしまう。ADCを使うことにした以上はいつも使うようにして使ったり使わなかったりが混在しないようにしたい。

 

コメントする