2006年7月 のアーカイブ

過去記事一覧

これまでに書いた記事の数もずいぶん多くなってきて、過去記事を参照しようと思ったときに探すのが大変なので、一覧にしてみた。今後も順次新しく書いた記事を追加していく予定。資格・検定関係と、「その他」は、(その2) の方に分けてある。交通

中国

2009年上海皆既日食

2010年上海世界博会

健康

コンピュータとインターネット

エレクトロニクス

ゲーム

スクーバダイビング

iPhone

広告

コメントする

甘いペットボトル茶

中国でたまに、やられたー、ってやつが甘いペットボトルのお茶。甘くないつもりで飲んだお茶が甘かったのは、自販機で冷たい飲み物を買うつもりで間違ってあったか~い方を買ってしまったのと同じくらいのショックである。

日本人としては、お茶に砂糖が入っているのはかなり違和感なのだが、中国で売られているペットボトルのお茶には甘い味付けのしてあるものが多い。もちろん、そうでないものもあるけれど。

まあ紅茶に砂糖を入れるのに、烏龍茶や緑茶に入れて何が悪いという気もしないでもない。私は紅茶にも砂糖は入れないので、やっぱり一切砂糖はいらないのだけど。

じゃあ、中国人はペットボトル登場以前も烏龍茶や緑茶に砂糖を入れて飲む習慣があったのかというと、そういうわけでもないだろう。普通に飲む温かいお茶に紅茶のように砂糖を入れて飲んだりするわけではない。まあ、ジャスミン茶に氷砂糖を入れる例はあるが。

日本では暑いときには冷やした麦茶を飲む習慣があったが、中国ではそもそも冷たいお茶を飲むということがなかったらしい。だいたい冷たいものを食べるのは体によくないというふうに考えられていたようだ。

そんな中で現れた冷たいペットボトル入りのお茶は、お茶というよりはそれまでに存在した冷たい飲み物のジュースの類に分類されるので、甘くても不思議はないという感覚らしい。

あと、多少中国のことを知っている人には当然かもしれないが、多くの中国が初めてという人の持っている誤解として、中国人はお茶といえばみんな烏龍茶を飲んでいるというもの。日本での烏龍茶の広告での中国の印象があまりに強いせいだろうか。

あと、日本では普通紅茶しかみかけない、リプトンの黄色いティーバッグ。中国では同じデザインのティーバッグで緑茶バージョンも一般的だ。

1件のコメント

パラソル

中国ではよくパラソルを見かける。よく見かけるといいながら、あまり適当な写真がなかったが、下の写真の下の方に写っているコダックのロゴが入ったやつのようなパラソルのことである。

公園や大きな通りの道端や大きな商業ビルの表なんかで物を売っていたりするところ、たいていこのパラソルである。日本なら、テント付きの屋台(みたいなもの)だったりしそうなところだが、中国ではみんなこの同じようなパラソルだ。2色が交互になっていて、端に少し下に垂れるひらひらがついたやつ。どこかが一手に供給しているのか。企業のロゴがついているもののことが多い。売っているものと明らかに関係なさそうなものの場合もあるが、どこか他で使っていらなくなったのをもらってきたりするのか?

このパラソル、場所によっては、かなりちぐはぐな感じがしないでもないが、どうだろうか。

コメントする

11月に向けて

6月に受験した中検の結果がぎりぎりで不合格だったので、いちおう次の11月に再チャレンジする決意はしている。ただしそのまままた受けてもまた落ちるに違いないので、勉強しないといけない。ここは再び基本からということで、まずは、「Why?にこたえる はじめての 中国語の文法書」。

前から、本の名前は知っていたが、少し前までなぜか書店で実際に見かけたことがなく、こんなに大判でボリュームのある本だと思っていなかった。気付いたのは前回の受験の前だったが、そのときは別の本をやっていて、もうそんなにたくさん勉強する時間はなかったから、その回不合格になって次に勉強するならこの本、と思っていて、予定通りになってしまった。

最初から一通りなのだが、入門書なら細かいことは省いて進めてしまうところを、詳しく勉強しなおせるという感じか。これで、2級の試験でできなかった問題が直接できるようになるかというと何ともいえないかもしれないが、やっぱりまずは基礎からきっちり押さえておかないとと思う。

各課ごとに練習問題もついているのもいい。やはり自分で問題をやって手を動かすことによって身につくというのは大きいと思う。

コンスタントに勉強を進めていくようにしたいと思い、毎日1課ずつ進めている。すると、1ヶ月あまりで終わり、11月まではまだまだあるので、その後何をやるかはまた考えよう。

10件のコメント

以为

先日のChinesepodで、“以为” のことに少し触れられていた。“以为” (yǐwéi) とは、実際には正しくないことを間違って思い込んでいた、というような意味。日本語や、英語にも、単純に対応する単語はないように思う。さらっと言ってしまうには日本語では「××だと思っていた」という言い方で、間違っていたということは言葉の上には全く現れず、文脈などで判断するしかない。逆に、「××と思い違いしていた」などという言い方は説明的だし、あまりに間違っていたことが強調されてしまうように思う。それを単純に一言の単語で言い表しているところが、なんか便利そうな単語だなあと感心した。

このように、違う言語の間で、単語の示す範囲は必ずしも一致しないのはよくあることだ。日本語では温度によって「水」と「湯」に分けられる液体のH2Oだが、英語では単にwater。お湯を表現したければ、hot water とか boiled water とか説明的に表現しないといけない。そういう再分化した意味に個別の単語が与えられているのは、その言語を使う民族の文化がそのことにそれだけ重きを置いているからだと考えられる。エスキモーの言葉には雪を表すのにその種類によって何十もの単語があるのだとか、そういう話だ。

そこらへんから考えるに、中国人はよく思い違いをするので専用の単語があるってことなのだろうか??

5件のコメント

建物越しのクレーン

下の写真、近所にある病院の建物なのだが、増築 (改築?) 工事中でクレーンが立っている。長い建物は、こちら側が建物の裏側で、玄関は向こう側にある。手前の土が見えている工事中の部分はこれまで駐車場だったところで、ここに建物を建てる気配だ。最も手前に見える手摺は、ずっと手前にある全く別の建物の屋上にある手摺で関係ない。

さて、このクレーン、ちょうど既存の建物の屋上の構造物と重なってしまってちょっとわかりにくいかもしれないが、クレーン本体は建物の向こう側、つまり玄関前の空いた場所に立っている。裏の元駐車場の位置にはこの大きなクレーンが入ってくる通路がないので仕方ない。

しかしこれで一体どうやってクレーンを操縦するのだろう? クレーンの操縦席は本体の根元のところにあるのだと思うが、荷物の降ろし先が全く見えないはずだ。別のところにいる作業員が無線か何かで合図するのを頼りに何も見えないで操縦するのか、それともクレーンの先にカメラでもついていてそれを見ながら操縦したりするのだろうか?

コメントする

亡くし物見つかる

数日前から鞄の中身のあるモノが行方不明になっていた。モノが何かは伏せておくが、まあそれほど大きなものではない。家で使うこともあるし会社で使うこともあるものなので、たいていは鞄に入れっぱなしにしてある。

ある時ふと家で使おうと鞄の中を探ったが見当たらない。あれれ、どこかに出して置きっぱなしにしたかなと思って机の上とかを探したがない。

ということは、会社で使って置き忘れて来たかと、会社で探したが、やっぱりない。外で移動しながら使ったりするものではなく、家か会社で落ち着いた場所で使うだけだから、そうそうどこかで落としたりするわけもない。しかし、家も会社も持っていきそうなところはくまなく探したが見つからない。

たまたま家で使ったときに机から転げ落ちでもした運悪くゴミ箱の中に転落し、更に運悪くそれに気付かず上から他のゴミも入れてしまったりして、ゴミで捨ててしまったなんて可能性がないでもない。もしそうだとしたら、そうなったという証拠はもはやどこにもないから、迷宮入りだ。

と、かなりあきらめの心境に達しかけていたとき、それはふと姿を現した。

写真を見てもらえばわかるが、私の鞄はファスナー式のいわゆるソフトアタッシュである。ソフトアタッシュの中には、へりのファスナーを全部開けると蓋の部分が全開になってしまうものもある。以前そういうものを使っていたこともあるが、たまにファスナーが開いているのに気付かず取っ手を持って持ち上げると、鞄の中身を全部ぶちまけてしまうことになる。私が今使っている鞄は、脇の部分に蛇腹状のものがついていて、ある角度以上開かないようになっている。これは蓋の開く角度を抑制するだけでなく、脇の隙間から鞄の中身がこぼれ落ちるのを防ぐ役割もする。たまにファスナーを閉めるときにこの部分が噛んでしまうことがあるのがちょっとした欠点ではある。

で、実はそのお隠れになっていたモノは、この蛇腹とファスナーの隙間に嵌り込んでいたのであった。鞄の中を覗くときはそんなところは見ないから、鞄の中にはないと思い込んでしまったのだった。蛇腹は鞄の上の方で少し隙間があるから、ファスナーを閉じた状態で鞄を上下逆になるように傾けたときに (電車の網棚に鞄を乗せるときなど、そういう状態になる)、蛇腹の外側に入り込んでしまったのであろう。そんなことはつゆ知らず、電車に乗りながらや駅の中を歩きながらとか鞄を半開きにして中の文庫本を出し入れしたりしていた。蛇腹があるから安心して歩きながらでも鞄を開けたりするのだが、それこそそのときに蛇腹の外側に嵌り込んでいたモノが知らずに落下していたかもしれない。無事、発見されるまでそこに留まり続けていたのは、幸運だったという他ない。

コメントする