2012年11月 のアーカイブ

半影月食と木星、アルデバラン、すばる

昨夜は半影月食。月が地球の本影に入らず、周辺の半影の部分だけを通過するだけなので、真っ黒に欠ける部分が発生せず、ぼんやり暗くなる程度。単にその場で肉眼で見ていただけではほとんどそれとわからず、同じ露出で写真に撮って比べでもしないとわからないという。

そこで、その通りに、食分のいちばん深い頃と、半影月食終了後とを同じ露出設定で撮影して比べてみた。食分最大になるのは夜中近く。この時期の満月は高度が高く、ほとんど真上に見えるので、マンションのベランダや廊下、非常階段からは真上が見上げられず、階下に降りて建物の外で撮影。望遠鏡を運ぶのは大変なので、カメラレンズで撮影した。

食分最大事の満月は、確かに肉眼で見ると普通の満月と同じように煌々と輝いていて、全く月食とは思われないが、適正な露出で写真を撮ってみると、半影の中心方向は暗く、周縁付近はあまり暗くならなくて、グラデーションに見えるのが見て取れるので、月食でないときと比べなくてもそれとわかる。

しかし、もちろんその後予定通り、月食終了を待って同じ露出設定で撮影して、月の部分だけ切り出して並べたのが下の写真。左が最大食分、右が月食終了後。月食中の写真の方のピントがボケているのはご愛嬌ということで。

月の周辺にに目を転じると (わざわざ転じなくとも、もともと目に入っているが)、月のすぐ近くに木星が明るく輝いている。明るいといっても、半影食ながらも満月の明るさとは格段の差がある。月が模様が見えるように写真を撮ると木星は暗くて全く写らないし、木星が見えるくらいの露出にすると、月はもうハレーションしまくりの状態になる。肉眼で見るとちゃんと月の模様が見えながら隣に木星が見えるのにカメラではそうは写せない。というか、肉眼ではそんなに明るさの差があるように思えないというのも不思議だ。

木星の他にも近くには1等星のアルデバランも同じくらいの距離にいる。このあたりになると肉眼で見ていても月がまぶしすぎてよくわからない。アルデバランから月をはさんで反対側、もう少し離れたところには、すばるも写っているが、こうなるともう肉眼では全くわからないけれども、写真に撮ると月のハレーションにも負けずちゃんと写っている。

月食終了後は月も南中を過ぎてだんだん高度が下がってきて、ベランダから望遠鏡で狙えるようになったので、直焦でも撮影。今回はホワイトバランスをいつものオートのままでなく太陽光5200K固定の設定にしてみた。月は青白いものという印象があるのでオートのときにはもっと色温度の高い設定になっているかと思ったが、これで少し黄色っぽく写っているので、白く撮れている画像ではもっと色温度の低い設定になっているということか。

広告

コメントする

Eye-Fi Pro X2 16GB

EOS 60Dで使っているメモリカードは前に書いた通り同時に購入したEye-Fi Pro X2 8GBだが、これを買ってからあまり間を置かずに新製品の、Eye-Fi Pro X2 16GBが発売になった。容量が倍になっただけでなく、アクセス速度もclass 6からclass 10になって高速化している。もう少し早く発売されていればこちらを買ったのだが、ちょっと惜しかった。

普通のSDカードなら値段もたいしたことないので、有り余ると思っても大きめの容量のものを買うところだが、Eye-Fiカードを使うという時点で、そもそも購入時は8GBのものが最大容量だった。まあ、長期に出かけて撮り貯めて帰ってくるというわけでもないので、天体の写真を撮って、すぐに吸い上げるだけならそれほど容量はなくても大丈夫と思っていたが、RAWモードで撮るとやはり結構容量を食うのと、スタッキング用に動画を撮ったり、何枚ま連続撮影をしたりもするので、しばらく撮った画像を消さないで置いていると、割りとすぐにいっぱいになってしまう。

かといって、容量アップのためにもう1枚買うというのもどうかと。まあ、16GBを買って60Dに入れて、8GBをCX1に使えば、外出先でCX1でiPhoneにダイレクトモードで転送して直接SNSにアップロードとかするのに使えていいかもしれない。今不自由なく使っているCX1に入っている古いEye-Fiカードが余ってしまうが。

さて、どうしたものか。他にも色々アクセサリ類の購入で出費も多いし。まだしばらく様子見か。もうちょっと早く発売してくれてたらなぁ…

コメントする

水星、土星、金星、スピカ

今日の未明に、土星と金星が (みかけ上) 非常に接近するというので、早起きして見てみた。タイトルの通り、更に水星とスピカも割りと近くに並んで見られる。

まずは、早目に準備をして、待っている間に北斗七星を撮ってみた。

北斗七星をど真ん中に据えた構図なだけのつもりで撮ったが、ちょうど画面の左下隅ぎりぎりに、北極星を含むこぐま座のミニ北斗七星のような7つの星がおさまっていた。画面下の方がぼんやり明るくなっているのは、夜明け近いせいというよりは、都心方向の明かりの影響も大きいかもしれない。

さて、最初は暗くて望遠鏡で金星を覗いて隣にあるのがわかるだけだった土星も、高度が上がるにつれて肉眼でも見えるようになってきたので、地上からスピカまで含めた構図で撮影。水星は一番地平線に近く、見えない可能性も高いと思っていたが、望遠鏡で自動導入してみると、あっさり見えている。かなり地平線に近いので、望遠鏡を通して見る像は朝日のように赤っぽい色をしている。場所がわかって肉眼で見てみると、実は肉眼でも見えるようになっていた。

写真左下で明るい雲よりも下、暗い雲のすぐ上に見えるのが水星。真ん中の2つの星のうち、左側が土星、右側の一番明るいのが金星。右上の方に見える明るい恒星がスピカ。惑星3つと1等星ひとつという、なかなか豪華キャストの共演である。

土星と金星は非常に接近しているため、NexStar 5SE に直焦撮影で写る視野の中に両方同時に収まった。眼視でも25 mmのアイピースで50倍で見ると一度に見られる。これほど明るい星どうしがこれだけ接近するのは結構めずらしい。惑星の姿を見るには直焦ではちょっと小さすぎるし、高度が低いのでかなり画像がぼやけているが、土星の輪は分離しては見えないものの、斜め両側に飛び出している形はなんとかわかるだろう。金星の方は、土星に露出を合わせているせいで、光があふれて実際より大きく見えている。どのみち、現在はあまり欠けた状態ではないので、単に丸っぽく見えるだけだが。

今回は天気にも恵まれ、早起きした甲斐があった。

5件のコメント

EOS 60Dの感想

はじめての一眼レフを買ってから、そろそろ1ヶ月になるので、感じたことなど。といっても、あまり普通の写真はとっていないのだが。EOS 60Dのというより、初めて一眼レフで天体写真を撮ってみるようになっての感想というところか。

コンデジに比べると、操作ボタン類はずっとたくさんあって、それもあちこちに一見てんでばらばらに配置されているような感じなので、何がどこにあるか慣れるまではとまどうことしきり。これはまあだんだん慣れてくるにつれて、そのボタンがそこにあるのが必然に思えてくる。

しかし、上面液晶表示器の前に並んでいる4つのボタンは、なんだかちまちましてい操作しにくい感じがする。マルチコントローラの方向キーが、周囲にサブコマンドダイヤルがあるせいか、中央のSETボタンが高いせいか、押しにくい。モードダイヤルは、よく使うマニュアルモードやバルブモード、Av、Tvモードと、スタッキングの撮影のために撮影する動画のためのモードの位置が、ダイヤル上では、間に「かんたん撮影ゾーン」の各項目をはさんで、両端に近い位置になって、片方から片方への変更しようとすると、ダイヤルをぐるっと回さないといけなくなり、しかもダイヤルにはロックボタンがついていて、望遠鏡に接続したままこの操作はとてもやりにくい。

操作項目が多いので、そのときによって変更した項目を、別の設定で撮るときに戻さずに忘れているといったことがよくある。これも慣れの問題かもしれないが、常に色々な項目が必要な値にセットされているか確認するように心がけないといけない。

天体写真用のカメラの選択のアドバイスでよく言われている、バリアングル液晶がいい、というのは、実際に使ってみて本当にそう思う。これが、天頂プリズムなしで望遠鏡を覗く場合と同じ体勢で画面を見ないといけないとしたら、相当不便だ。ただ、液晶を開いてから傾けた状態だと、リモコン端子などの部分と干渉するので、いつも後からリモコンを差そうと思って苦労してしまう。

そのバリアングル液晶で見るライブビューで、画面を拡大表示にしてのピント合わせも非常にありがたい。ただし、説明書を読むとやけに温度が上がるからなるべく連続使用しないようにという記述があって気になる。実際に使っていると、望遠鏡でピントを合わせるのに手間取っているとカメラは何も操作していないので、時間切れでライブビューが切れてしまう、と思い込んでいたが、これは実は普通にカメラ全体に対するオートパワーOFFだった。設定でオートパワーオフ時間を少し長く設定しておいた。

あとは、Kissなんかと比べて不利なのは重さか。望遠鏡に負担がかからないようには少しだけでも軽い方がいいのだが。これでも、もっと上級機に比べれば十分軽いのだろうけど。望遠鏡の方が小さいせいもあるが、カメラを接続すると、かなり揺れを増大させている気がする。

レンズは、天体写真以外にはそれほどには入れ込まないだろうと、レンズキットで買うのがお買い得と思って、ただしやはりカメラレンズで天体を撮ることもあるしそれには望遠は長いのがあった方がいいだろうということで18-55 mmと55-250 mmのダブルズームキットしにた。普通に何か撮るのに使うのなら、レンズ交換しなくていい18-135 mmの方が使い勝手はよかったのだろうけれど。レンズが2本あると事あるごとにレンズを取り替えなくてはいけなくて、センサにゴミがついたりするのが心配だ。そうでなくてもTリングとレンズを頻繁に取り替えるのだし。

しばらく使ってみると、更にレンズが欲しくなったりもして、それなら最初からレンズキットにせず、自分の使いたいいいレンズの組み合わせを最初からボディと別に買えばよかったかもしれないが、単体で買うレンズはみんなとてもいい値段がする。レンズ1本買うのに望遠鏡が1台買えるくらいで、まあ最初はそこまでお金をかけずにとりあえず幅広い焦点距離をカバーするということで、やはりこれでよかったのかとも思う。

最後に、ついでにひさしぶりに見られたので直焦で撮った昨夜の月。カメラが来て最初に撮り比べた月の月齢よりまだ少しだけ手前だ。

コメントする

カメラバッグ

望遠鏡とカメラを買って以来、アクセサリ類の購入がなかなか止まらない (笑)。

私にとって初めての一眼レフ、EOS 60Dは、天体写真のために買ったわけで、普段いつもカバンに入れて持ち歩いて色々撮影するのは、コンデジのCX1が継投するのだが、やはりせっかくの一眼レフだから何かしっかり撮影したいときには、天体写真でなくても外に持ちだして使うこともあろうし、ダブルズームキットでレンズが2本あるので、交換レンズも一緒に持って出るにはやはり専用のカメラバッグがあった方がよかろうということで、もう、少し前の話なのだが、カメラバッグを買った。

カメラ一式の必要なもの、つまりレンズをセットしたカメラと、交換レンズ1本と、あと多少小物、だけがコンパクトにまとめて持ち運べる程度のショルダーバッグ、ということで探しに行った。ヨドバシのカメラバッグ売り場に行くとこんなにも種類があるのかというほどのカメラバッグが売られていて、どれにしたらいいか皆目見当がつかなさそうな勢いだが、ひとつ特徴があって目に止まったのがこれ、Lowepro Rezo 170AW というバッグ。特徴というのは上蓋の開く向き。一見、他のよくあるバッグと同じように、メッセンジャーバッグのフラップのような蓋が前にかぶさって留めてあるのだが、それを開いても中には薄いファスナー式のポケットがあるだけ。本体の出し入れはそれとは別にカバンの上面のうちフラップのついていない三辺、すなわち左右と手前側がファスナーで開くようになっている。つまり、フラップとは逆方向、バッグをぶらさげたまま蓋を開くと上面が自分から向こう側に向かって開いて、手前にバッグの中身が口を開ける格好になる。カメラはレンズの先端を下に向けて収納するタイプで、これはバッグをぶらさげたままの状態で非常に出し入れしやすいのではないか。そこが気に入って、このバッグを購入した。

同じ構造になったものがシリーズでいくつかサイズがあるが、カメラボディの大きさ、レンズの長さを考えあわせて、この170というサイズでよさそうと、これにした。内部には、よくあるマジックテープで止める仕切り板が2枚あって、カメラをTの字状に入れたときに、左右に空間をつくって、広くなるグリップ側にレンズ、反対側は替えバッテリーとか、その他小物を入れる感じ。

後から、レンズのフードを買って付けたら長い方のレンズは更にだいぶ長くなってしまうが、付けたままでもまあなんとか収まってくれた。

特に外出でなくても、望遠鏡で星を見て撮るのに部屋からちょっとベランダや玄関先に持ち出すのにも、望遠鏡本体以外にも、色々と細かいものもあるので、部屋の中と外を何度か往復することになるのだが、このバッグのおかげで運びやすくなったし、眼視しているときにはカメラを望遠鏡に取り付けずにちょっと置いておくにも、クッション付きのバッグの中に突っ込んでおけて安心だ。

6件のコメント

東京タワー先端部の足場

もうしばらく前のことだが、地震で曲がった先端部の取り替え工事をしていた東京タワーの上の方に組まれていた足場がなくなったというので、近くを通る用があるついでに寄り道して眺めてきた。1枚目がそのとき撮影した写真。足場がなくなったと聞いたが、よく見るとまだ下の部分が少し残っていた。次の写真が、9月に芝公園でイベントがあって行ったときに撮った写真。このときは先端アンテナ部はもう新しいものになっているものの、足場は丸ごと残っていた。

その次は、今年の5月で、まだ古いアンテナが残っていたとき。アンテナの先端にある避雷針が開いた形だったのが、取り替え後のものと形状が違うのがわかる。その次は、地震から約1ヶ月後、昨年4月の写真。この写真と、最新の写真を見比べると、最後の柱だけになるアンテナの部分になる手前の肩のところに、先が少し開いたステージのようなものがあって、もともとこういう形だったのが今回なくなったのかと思った。

ところが、最後に、地震より前、2008年にたまたま撮ってあった写真を見ると、そういう小さなステージ状のものはないので、これは地震直後に応急処置をしたときに設置されたものではないかと思われる。

ところで、工事中におそらく物を上げ下ろしするために使うと思われるケーブルがタワーの上の方から張ってある。地震1ヶ月後の写真にはないのに、2008年の写真にはケーブルが見える。実はこのときも何かの改修作業をしていたようだ。足元を撮った写真には、いっぱいネットが張ってあるのが見える。

2件のコメント

しし座流星群と夜露

昨夜は、しし座流星群ということで、流星群と彗星には期待しない私ではあるが、せっかく連続長時間撮影のできる一眼レフを買ったわけなので、流星の撮影もやってみようと試してみたが、ISSの撮影に続いてまたも失敗。

レンズは、先日のISSの撮影と同じく18-55mmの最広角端。マンションの非常階段の位置から撮ろうとすると、天井や柱や、近所のマンションの避雷針などがあって、なかなかこの画角全体に何も入らないようになる方向をみつけるのが難しかった。望遠鏡の場合もそうだが、三脚はもちろん足の踏み場のあるところに立てるので、建物の端から内側に入った位置に置くことになり、天井があるのであまり高い仰角も向けられない。皆既日食のときにコンパクトデジカメを固定するのに使った、クリップ式の雲台を使えばよかったかもしれない。

ともあれ、設置は完了し、ライブビュー画面のズームアップでピントを確認して、今回は念のため例のパーマセルテープで、ズームとピントリングが動かないように止めた。ISSのときの教訓 (笑) をもとに、今回はカメラでシャッタースピード30秒にしたものをリモコンのプログラム機能は使わずに、レリーズボタンのロックだけを使って、連続撮影した。

あとは放置して、自分はながめているだけだが、どうも肉眼でも全然流星が流れるところは見られなかった。30分ほどして、ふとカメラのレンズを見ると、レンズ表面が全部すっかり曇ってしまっている。この日は冷え込みはそれほどでもなかったが、湿度がかなり高かったようだ。曇りを拭きとってもう一度続きの撮影をすることもできたかもしれないが、またすぐに曇ってしまっても仕方ないので、もう続きはあきらめて、さっさと撤収した。

ものの本によると、こういう場合のためには、カイロを用意してカメラのレンズに抱かせて温めておくようにするらしい。

ほとんど意味が無いが、何の変哲もない単なる星野写真と、レンズが夜露で曇ってしまう途中の画像。もっと曇り切った後はもうこれよりももっと星が写っていない状態になってしまっていた。レンズが曇ったからといって、星の光がにじんでぼんやり広がったりするのではなくて、暗い星が映らなくなってしまうだけのようだ。

2件のコメント