2006年10月 のアーカイブ

中国語検定過去問

いよいよ11月になって、中検の試験日も近づいてきた。中国語検定受験組みの方々のblogを見ていても、そろそろ勉強に力が入りだしてきたような感じを受ける。

私も、これまで一般的な問題集とかでつらつらと勉強していたが、それがひととおり片付いたこともあって、また中検の問題集にとりかかった。光生館の問題集で前回までに2005年版と2006年版の模擬試験以外をやってしまっていたので、遡って2004年版を購入。

さて、2004年版にとりかかる前に、やり残してあった2006年版の模擬試験をやってみた。結果はリスニング85点、筆記44点+α(和文中訳分20点中??点)。リスニングは前回の本番の試験でも合格点に到達していたし、まあまあなんとかなりそうだ。しかし、筆記の方はこの点ではかなりまずい。今までこの光生館の問題集で他の級も含めてやってきた感じでは、模擬試験は本当の試験に出た問題より比較的難しくできているとはいえ、ちょっとヤバそうだ。しかも、前回の試験の前にやった2005年版の模擬試験の結果を見ると、やはり筆記44点+αだ。ちっとも進歩してないってことか?

さて、どうする?

広告

2件のコメント

YouTubeその後

先日、初アップロードをしたYouTubeだが、その後、手持ちのビデオをいくらか入れておいた。リンクを張っているのは、最初の1件だけで、あとは特にどこで紹介もしていなくて、少しMessengerのチャットで話したくらいだが、アクセス数を見ると、ものによっては結構見られている。まあ、非常にたくさんというわけではないが、ここ、Windows Live Spaces のアクセス数からすると、先の記事にあるビデオのリンクを見て見に来て、そこから同じ投稿者のビデオを見たりした人だけにしては多すぎるように思う。単純にキーワード検索なんかでひっかかって来るものなのだろうか。まあ、多くの皆さんに見ていただけるのはうれしいことだが。特にハワイのキラウエア火山の溶岩の映像が人気らしい。レイティングも5つ星をつけてくれた人がいる。

コメントする

大阪の足並み

久しぶりの高校の同窓会に出るために、実家に一泊で大阪に行って帰ってきた。

大阪に行って感じることは、東京に比べて人込みの中を歩くのがなぜかスムーズであること。東京で駅のコンコースなどの人込みの中を歩いていると、どうも周りの人間が邪魔でしょうがない。まあ、自分が大阪人の典型で歩くのが早いせいもあるだろうが、大阪にいても自分はまわりに比べると歩くのが早い方である。

私の目から見ると、東京ではどうも人の動きがみんな身勝手に歩いているように思える。例えば、人の流れがクロスするようなところでは、お互いにうまく避けあいながら通ればいいのに、自分は自分の進む方にだけ行こうとするので、邪魔になるどうしは邪魔になるのに、無駄な場所に空間ができていて、しかもその空間は混雑緩和に生かされない。どうもそういう人々の中を歩いていると、いらいらして仕方が無い。

大阪では、人の流れは流動的でお互いに自然とうまく納まるところに納まるという感じである。その方が結果的に早く行き先に到達できるということを、無意識に体で感じ取って動いているのではないかと思える。

どうも私の感じているこの感覚、言葉足らずというか、うまく表現できなくて、正しく伝えることができているかよくわからないが、まあとにかくそんなようなことを私が感じているということで書いてみた。

コメントする

1万アクセス

昨日、アクセス数が1万に達した。思えば、開設以来もう1年と9ヶ月あまりだ。それで1万アクセスというは多いのか少ないのかよくわからない。1996年から設置してある (が最近は全然更新していない) webの表紙のカウンタは、約3万6千だ。

1万件目のアクセスは、2006/10/26 18:07:29 に、「Bトレイン」のキーワードでYahoo!検索から来ていただいた方。どこのどなたかわからないし、何を差し上げるわけでもないが。

コメントする

YouTubeに初アップロード

Googleに買収されて話題のYouTubeだが、これまでは単に1ユーザーであったが、アップロードを試してみた。他人に著作権のあるものは問題があるので、自分で撮影したダイビングの映像だ。

もともと、ダイビングで一緒になった人や、知人に見せるために編集してDVDにしてあったものである。もう編集過程の元ファイルは消してしまってあるが、DVDになったファイルだけはHDD上にとってあったので、それをそのまま利用。そのままといっても、DVD解像度のままのデータはYouTubeには重過ぎるので、解像度をYouTube推薦の320×240に落として、再エンコードする。DVD用のファイルになってしまったものは、PC上では普通はソフトウェアDVDプレーヤで見る以外は、メディアプレーヤなどで直接開くことはできないが、私が愛用のエンコーダソフト、TMPGEncでは、DVDのファイルを直接読み込んで再エンコード対象にできる。作業は至って簡単であった。エンコード形式もおすすめのDivXの、AVIファイルにした。

あとは、ユーザー登録を完了させたYouTubeで、指示に従ってファイルをアップロードするだけだ。ファイルサイズの制限は時間で10分、ファイルサイズで100MBだが、作成したのは7分40秒の映像で35MB。アップロードすると、動画画面を自分のホームページやblogに埋め込めむためのHTMLコードが出てくるので、カット&ペーストすればいいのだが、Windows Live Spaces では、そういうHTMLコードをここに挿入しても、受け付けられずに消されてしまうようだ。仕方ないので下に単なるリンクを張っておく。

流氷ダイビング ― 知床半島・ウトロ

ファイルをアップロードしてすぐに見られるのかと思ったが、しばらくたたないと見られない。受け付けた映像を再度エンコードしなおしたりするのにかかる時間だろうか。

2件のコメント

iPod nano 「説明」の文字サイズ

最近、ここで見て、Podcastの「3字で学ぶ中国語《汉语动词三字经》」をiTunesで落としてiPodに入れて聞いている。

1回1回の音声は短いが、それにしては結構な解説文が、音声データに添付のテキストデータとしても入っている。で、これをiPod上で表示してみてびっくり。歌詞表示の中国語の漢字の大きさが揃わないと不満を言っていたのに、この解説の中国語は読みやすい大きさでサイズが揃って表示されているではないか。

さて、ここで注意すべきは、iPodの音声データに添付されるテキストデータは、通常の音楽の場合と、Podcastの場合でちょっと違うという点だ。通常の音楽データには、「歌詞」がつけられ、これはiTunes上で曲を選んで右クリックして (Windowsの場合。以下同じ) 「プロパティ」を表示した中の、「歌詞」タブのところに入力したテキストである。一方、Podcastの場合は、「プロパティ」の「歌詞」は同じように存在するが、それとは別に、右クリックから「説明を表示」で表示される「Podcast情報」(説明)がある。つまり、2種類の異なるテキストデータがひとつの音声ファイルに添付されている。「歌詞」の方は音楽データのものもPodcastのものも後からiTunes上でエディットすることが可能だが、「説明」は編集することができない。

Podcastの場合、iPodで再生中にセンターボタンを押して表示される文字は、「歌詞」ではなく「説明」の方である。「歌詞」の方はiPod上では見ることができない。で、「三字经」で見やすく表示されていた解説文は、その「説明」として入力されていた。つまり、音楽に添付された「歌詞」では文字サイズが崩れるが、Podcastの「説明」はきれいに読めるということだ。一体どうしてそういう扱いの違いがあるのかわからない。

思い返してみると、Chinesepodでは、「説明」には本当に説明が、「歌詞」には課文が入力されている。「高級」が分離するまでは、説明の部分は全部英語で書かれた本当の説明だったので気がつかなかった。更に言うと、今は無き日本語版でも、全部日本語で書かれていたので、中国語との混在で読みにくいということには思い至らず、不思議に思わなかった。それよりも、せっかく音声データに添付されている課文がiPod上で表示できないのが不満で、一度Chinesepodに質問したが、調整中ですごめんなさいみたいな返事をいただいた。まあ無料ユーザーなので文句は言えた義理じゃないが。それはともかく、中国語版の高級の「説明」を表示させてみると、確かにきれいに読める。

「歌詞」も「説明」と同じ文字サイズで表示できるようにならないかなぁ。それと、Podcastの「歌詞」も、「説明」が表示された後にもう一度センターボタンを押すと表示されるようにならないかなぁ。

コメントする

室内ヘリコプター

この前は室内で飛ばせる飛行機 (エアロソアラ) だったが、今度はヘリコプターを買った。HoneyBee (ハニービー)だ。

これが、実にいい。エラロソアラよりずっと楽しめると思う。エアロソアラも、誰でも簡単に室内でリモコンの飛行機が飛ばせるという意味では画期的だったが、やはりなかなか難しい。それに、狭い部屋の中では、いくら小型といえども、飛行機であるがゆえに前進を続けなくてはならず、旋回半径も限界があるので、ほぼ部屋の中を周回飛行するのがせいいっぱいであった。電源もすぐ充電できるとはいえ、1回の充電で30秒くらいしか続かない。

HoneyBeeは充電に30分くらいかかるものの、1回の充電で5分以上飛ばし続けられる。ヘリコプターなので、部屋の中をうろうろさせながら飛ばせる。しかも、ヘリコプターは操縦が難しいのが相場だが、これはかなり操縦がやさしいと言っていいのではないか。もちろん、手にした最初から自由自在にというわけにはいかないが、ずいぶん楽しめる。

安いヘリコプターというと、二重反転式のローターのものが多いが、これは普通の本物のヘリと同様、メインローターに、テールローターで回転を打ち消す仕組みになっている。リモコンは2チャンネルで、スロットルと、左右のみ。テールローターを加減して左右に回転させているのだろう。それだけだと上昇・下降とその場で回転しかできないように思うが、中立で微妙に前進するようにできているので、左右回転で行く方向に向けてやれば、好きな方向に移動できる。しかし、本当のヘリコプターのように、ホバリングしながら機体の向きを保ったまま左右や後ろに平行移動するということはできない。

操縦が簡単なのは、あえてテールローター式にしてこういう割り切った操縦方法にしたことに加えて、メインローターに組み込まれている安定装置がうまく機体の安定を保たせているせいでもあると思う。メインローターの上にもうひとつ小さな羽がついていて、この羽には両端に小さな錘がついていて、慣性が余計につくようになっている。小さい羽もメインローターも回転軸に完全には固定されておらず、小さい羽は長手方向に傾くことができ、メインローターは捩れ方向に傾くことができるようになっていて、小さい羽とメインローターはリンク機構でつながっている。機体がメインローターともども傾いたとき、小さい羽は慣性のために空間に対してまだ傾く前の面で回転を続ける。機体から見ると小さい羽の方が傾いていることになるが、すると、そのためにメインローターが捩れる。結果、傾いて持ち上がった方にあるローター翼の迎角が減少して揚力が少なくなり、下がった方のローター翼の迎角は増加して揚力が増える。従って、機体にはもとの姿勢に戻ろうとする力が働く。ローター軸の回転にあわせて、いつも持ち上がった側にやってきた翼の迎角が減るように捩れる仕組みである。この機構がなければ、この超軽量な機体がこんなに安定して飛ばないのではないか。そして、二重反転ローター式ではこういうふうにはできなかっただろう。

もうひとつ付け加えていうと、壊れない。ヘリコプターは、すぐにローターを壊してしまうものという印象がある。それを防ぐために、ローターのまわりに輪っかがついているものもよくある。しかし、これはそんなものがなくても、空中で壁や家具にぶつかろうと、ひっくり返って墜落しようと、全然壊れない。ローターが粘い素材でできているせいだろうか。

エアロソアラもHoneyBeeも、ERP素材による軽量機体、ポケベル用バイブレータに端を発した超小型モーター、赤外線リモコンを使ったデジタル化による制御回路の超小型化、といった基本技術によって実現されているのだが、HoneyBeeの場合は、ヘリコプターにするにあたって、さらによく工夫が凝らされていると感じた。

2件のコメント