2007年5月 のアーカイブ

旗袍

中国鉄道大紀行通訳の陈捷さんが旗袍で登場していたが、旗袍の話も書いたことがなかったと思うので、今回はその話でも。

旗袍(qípáo チーパオ) とは、いわゆるチャイナドレスのこと。私が自分で着たり買ったりするわけでもなく、知り合いの女性と一緒に中国に旅行に行って買うのにつきあったりした、なんとことがあるわけでもないので、そういう話ではない。

中国に行ったら女性が皆チャイナドレスを着ているのかというと、もちろんそんなわけではない。日本で着物をめったに見かけないのと同じようなものか。しかし、ちょっと観光旅行に行っても、日本で着物を見かけるよりはよく目にすることだろう。最もよくみかける場所は中華レストランだ。日本にある中華レストランでも店員の女性がチャイナドレスを着ているのはよくあるが、ちょっと様子が違う。中国の中華レストランでチャイナドレスを着ているのは店頭に立って「ホヮンイングヮンリン」(歓迎光臨) と言って客引き(?)をしたり客をテーブルまで案内したりする担当の女性だけで、店内で注文を取ったり料理を出したりする店員は別の制服である。どういうわけかたいていそうである。客引きのためには派手なチャナドレスを着て目立つのがよくて、料理を出すには汚したり、歩きにくかったりしてはいけないからか。そういうわけで、店頭でチャイナドレスのおねいさんを見かけても、中が全員それだと思ってはいけない。

裾は長くてそんなに寒くはなさそうに見えるが、結構寒いらしい。両脇が上の方までスリットになっているので、結構風がスースー通って寒いのだそうだ。北京あたりでは冬はチャイナドレスのままではとても寒くて店先に立っているわけにはいかないので、みんな上に (これまた結構派手な色の) コートを着ているので、ちょっとつまらない。

2件のコメント

中国の鉄道

そういえば、中国の鉄道の話を書いたことがなかった。私が中国で鉄道に乗ったことがあるのは1往復だけ。蘇州と上海の間で、片道1時間もかからない距離ではある。

日本では地下鉄、通勤列車、中・長距離列車はそんなに分け隔てはないが、中国では、というか割と他の国でもそうではないかと思うが、都市交通のための地下鉄類と、長距離の鉄道はかなり明確に扱いが別だ。地下鉄は、まあ北京のように切符の自動販売機や自動改札がないにしろ、日本の地下鉄とほぼ違いない感覚で乗れるが、中国で鉄道に乗るのは日本で鉄道に乗るのとはちょっと違う。どちらかというと飛行機に乗るのに近いと言ってもいいと思う。

まず、切符を予約するのが大変らしい。列車はほとんど指定席なので、切符を予約しないと乗れないが、事前に入手しておかないと満席で乗りたい列車に乗れないことも多いようだ。私が乗ったときはどちらも現地の会社の人に手配してもらった。

さて、駅で列車に乗るには、日本のようにただ改札を通ってホームに行けばいいというわけではない。まず駅の入り口で空港にあるようなX線の荷物検査機に荷物を通して入場する。まあX線検査はテロが騒がしくなってきた最近の話かもしれないが。入った先は候车室と呼ばれる待合室である。そこで自分の乗る列車の出発時刻が近づくまで待つ。飛行機の出発案内のように、時間が近づくとアナウンスがされて、ゲートが開いて乗客がぞろぞろとプラットホームに向かって移動する。つまり、プラットホームには直近に発着する列車の乗客以外いないということになる。たった1時間足らずの乗車のためとしては、日本で鉄道で同じ距離乗る場合に比べると、ずいぶん面倒ではある。

座席の種類は软座(軟座)、硬座、软卧(軟臥)硬卧の4種類。軟座、軟臥がクラスが上で硬座、硬臥がクラスが下。軟座、硬座は普通のシートだけの車両で、軟臥、硬臥は寝台車。中国は長距離を時間をかけて走る列車が多いので、寝台車も多い。私が乗ったのは蘇州→上海が軟座、上海→蘇州が硬座だった。軟座の車内は日本の新しい目の特急車両とそんなに変わらない感じで、かなり清潔な感じだ。硬座の方は、私が乗った車両は2階建てだったのだが、座席番号が1階2階通しでついているもんだと思い込んで、1階のその座席番号のとことろに別の乗客が座っていたので私の席じゃないのかと言ったら、逆にそれは上の席だと言われてしまった。よく見ると座席番号の前に「上」と書いてある。こちらは座席は向かい合わせずつの固定で、乗客の客層も違う気がするし、食べ物も食べ散らかされていたりしてちょっと小汚い感じだった。

3年前に撮影した写真を何枚か載せておく。切符は中国中どこでもこの体裁のようだ。

2件のコメント

通訳の陳さん

元の記事からの引用「関口知宏の中国鉄道大紀行」の記事を書いて以来、アクセスログに、「陳捷」のキーワードで検索してくる人がたくさん残っているようになった。実際に検索してみると、NHKの番組のページ以外には、ほとんどヒットしない。そのせいでみんな私のところにやってくるのか。それにしても、この番組で通訳をつとめている陳捷 (陈捷 Chén Jié) さんに興味のある人がたくさんいるということか。

番組ではそもそも通訳の役割だから、一般的には通訳は裏方であまり表には出ないもので、確かに日めくり版と、生中継中で映されるビデオの部分では、通訳している声は聞こえても、本人の姿はほとんど映らないのだが、生中継の場面ではもう通訳ではなく、番組アシスタント扱いで出演しているように見える。確かにカメラの後ろに置いておくにはもったいない、なかなか素敵なキャラではないかと思う。ちなみに、今週の生放送中のビデオで薬を塗る場面で陳さんが画面に登場したが、これが初めてではないだろうか?

せっかくなので、NHKの番組のページから、番組の感想でそんなことを書いてコメントを投稿しておいた。NHKの人もここを見に来てくれるだろうか。

1件のコメント

色の残像現象

今日たまたま見たTBSの「ドッカ~ン!」という番組でやっていた。最近、都市伝説のネタでよくTVで見かける、スティーブン・セキルバーグこと、ハローバイバイ・関暁夫が都市伝説先生として紹介していたもの。このネタそのものはこじつけもいいところなのだが、元になっている現象の付随した性質がちょっと面白かったので、書いてみる。

1枚の白黒の風景写真が見せられて、真ん中上方の空にUFOらしきものが浮かんでいる。そのUFOと交信できるという。さて、その写真のネガだという、色の反転した写真が見せられる。元は白黒写真だったのに、ネガはカラーのネガである。そのUFOをじっと見つめることによって、UFOと交信できると、元は白黒だった写真がカラーになるという。で、カラーネガをしばらみ見つめさせた後で、写真が元の白黒に切り替わる。

すると、切り替わった瞬間、正常な色のカラー画像が見える (ような気がする) が、一瞬後には最初に見せられた白黒写真に戻っている。

カラーネガの写真を見続けていたので、画面上のそれぞれの位置で見えていた色を打ち消すような補正がかかり、残像として、白黒に切り替わった瞬間にネガの逆で、正しい色が見えるというだけの話だが、確かに切り替わった瞬間は完全に正しい色のカラー写真を見ているのと同じに思えるくらいで、なんとなく色がついているくらいではない。

わざわざカラーネガから白黒を切り替わる画像をつくって見せているのだから、そこに正しい色の画像を1コマだけ入れて見せられていたとしてもわからないわけだが、まあいくらなんでもそんな捏造はない。録画してコマ送りで見ればすぐにバレるわけである。念のため自分でも確認した (笑)。で、驚いたことのひとつは、残像の色がそんなにもきれいに見えることである。これは、ネガの後に白黒の同じ画像を見せるという見せ方がポイントかもしれない。単に何もない画像に切り替えても残像はそんなには見えない。

もうひとつ驚いた現象は、普通はこれをやったときに一瞬カラーに見えた後はすぐに元の白黒画像に戻ってしまうわけだが、そのまま視線を動かさずに見続けていると、色は薄くはなるものの、かなりの時間色がついたままに見えていることだ。視線を逸らせると一瞬にして色はなくなって元の白黒写真になるのだが、視線を固定し続けている限り、何秒もの間色がついたままに見える。

パソコン上で、画像編集のできる方なら、白黒画像とカラーネガ画像を作って、画像ビューアなんかで連続して表示できるようにして切り替えて見ると簡単に実験できる。

人間の目というのは、なかなか不思議なものだ。

コメントする

中国語の展覧会や博覧会の案内メール

「中国語の展覧会や博覧会」を案内するメールではなく、展覧会や博覧会を案内する「中国語のメール」である。最近、迷惑メールに混じって妙なメールが立て続けに来ている。いずれも、海外、それもアフリカや南米で行われる展覧会、博覧会の案内のメールである。

  • 西非最大的展览会–2007年第24届安哥拉国际贸易博览会
  • 南美地区规模最大的消费品类博览会–2007年南美国际家庭用品及礼品博览会

一体なんだろうこれは? 本当の真面目な案内なのか、何かの詐欺の類の迷惑メールの一種なのか? 書き方の形式が同様なことからみても、発信元は同じだ。

コメントする

「探検ロマン世界遺産」

先日のケータイ的中国語の記事鎌倉千秋アナウンサーが番組で中国語をしゃべればと書いたが、先日の「探検ロマン世界遺産」の殷墟の回の放送では、レポーターが彼女で、少しながら中国語でしゃべている音声が入っていた。ちゃんと中国語を生かしているのであった。

しかし、これ以外にも「世界ふれあい街歩き」だとか、やはり先に紹介した関口知宏の中国鉄道大紀行」とか、なんだかこの手の海外を紹介する番組が多く、その中でも中国が取り上げられる比率も多いように思う。

コメントする

海洋調査船「かいよう」

独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC) の横須賀本部の施設一般公開で、海洋調査船「かいよう」の体験乗船に抽選に申し込んで当選したので、行ってきた。

施設公開では、映画「日本沈没」にも「わだつみ」という名前で出ていた潜水調査線「しんかい6500」や「しんかい2000」なども展示されていたり、潜水訓練用のプールでは職員が趣味で行っていると思われる相当マニアックな水中ラジコンの展示などもあった。

「かいよう」は半没水型双胴船というかなり変わった形の船である。双胴船というだけでも多少珍しいが、普通の双胴船が普通の船を2つ並べて上に板をわたしてつないだような形になってるのに対して、こちらの場合は、潜水艦のような水中の船体部分が2つあって、上部の船体とはくびれたかなり細い部分でつながっている。波の影響を受ける部分が少ないので、双胴船というだけでも安定はいいのだが、それがさらに揺れが少なくなる。また、双胴船であるため甲板が広く取れる。

実際は今日は天気が穏やかで波もほとんどなかったので、揺れに対する強さについては特に実感できなかったのだが。

コメントする